Today's Kenzo

Published on 5月 11th, 2016 | by ken@jyohou.com

0

M&Kテクノロジーの水素発生装置とホルミシスルームでアンチエイジング!!

全国に水素水関連企業と商材は
TVCMで全国区で認識された
日本◯リムを始めDR水素水の
フ◯ンディア他数多くある。

小生の過去のブログにも。
DR水素水など多く記載している。

ただ、水素発生装置アクピアの
優位性は水素の発生する様子が
クリアタンクの中で見えるのである。
可視化されていることにある。

溶存水素量や酸化還元電位など、
数値で換算される水素の価値観も、
目の前で可視化されてることで、
顧客には分かりやすく好評である。

さて、

各々の水に水中でどれくらいの
水素が含まれているかを図る
「酸化還元電位」というのがある。

水素水の効果を調べる目安となり、
酸化還元電位は一般的に、

+250mV以上が酸化状態で
+250mV以下が還元状態といい、

水素水の効果測定の目安となる。

ちなみに水道水は600mV、
雨水が800mV以上だというから
酸化還元電位の観点からは、

普段口にする水のほとんどが
酸化状態にあり体を酸化させ、
錆びつかせてしまうのである。

ということで、水素水は
からだの酸化を還元させるとして
再び脚光を浴びているようだと、

◯倉氏は塩素とカルキくを含まない、
丹那湧水と+水素化した2種類を
酸化還元電位測定器とMIZを使って
溶存水素濃度を実験したところ、

丹那湧水単体で+30、水素水化した
丹那湧水では+300を計測した。

これぞ正にアンチエイジングに
役立つエビデンスとして期待される。


About the Author



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top ↑