Today's Kenzo

Published on 5月 30th, 2016 | by ken@jyohou.com

0

喜多薫院長(医療法人 みらい 喜多クリニック)と語る。

先日岸和田市から来熱した
喜多薫氏(喜多クリニック院長)と

喜多氏が唱えてきた医療の
あり方に賛同する関西の医師や
看護師を熱海に誘致できない、
話を聞いてみた。

熱海市の加速する高齢者率と
医療や介護費に拠出する
莫大な財政事情やその数値が
書きこまれている資料を前に
ざっくばらんに切り出してみた。

今の熱海は首都圏からの
終の住処を目的に住居を求める
高齢者が急増している。そして

熱海市の人口の約47%が
65歳以上の高齢者であること。また、

65歳以上の高齢者の中でも
一人暮らしが37%もいて、

脳梗塞や心筋梗塞を患い退院した以降を
フォローする在宅クリニックや
訪問看護リハビリステーションが
少ないことを資料を開いて説明する。

そこで、喜多院長出身の大学や
大阪府内及び周辺都市の病院から、

医師斡旋企業を通じて、

熱海市内で在宅医療を開院する
希望者を募れないか及び
訪問看護リハビルステーションの
開設ついても話を伺った。

(つづく)


About the Author



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top ↑