Today's Kenzo

Published on 3月 1st, 2016 | by ken@jyohou.com

0

日本映画の名作「お葬式」(伊丹十三監督作品)と旧熱海臨海ホテルの思い出

今朝は愛犬ふ〜との散歩を中止する。

日を追うごとに筋力は衰え
老衰が激しく脚力は無になり、
立つのは無理のようだ。既に

行きつけの犬猫病院からは、
老衰に回復は不可能とであり、
年齢からもカウントダウンは
覚悟はしていた。ただ、

昨日まで離岸堤遊歩道の一角で
日光浴ができたのに、今朝は

一気に寝たきり状態となった。
もって今日明日、延命しても、
3〜4日なのかもしれない。さて、

愛犬を意識したのではないが、
話は、たまたま”お葬式”と
Wってしまったのだ、

故伊丹監督の第一回監督作品の
撮影でのロケ宿泊先となった

旧「熱海臨海ホテル」での、

石田昭雄氏と小生を結ぶ、
思い出を写真とともに掲載する。

「この作品の制作費の大半を
伊丹監督が捻出するという話は、
旧国際放映時代の仲間だった。

笹◯幸◯郎氏(制作担当)から
持ち込まれ、伊丹氏の湯河原の
別荘を舞台に撮影するにあたり、

スタッフと俳優が宿泊する
熱海市内のホテルを指定した上で
自主制作と同じで制作費が少ない、
タイアップできるホテルとして、
旧臨海ホテルを指名した。

伏線はあった。映画制作の前年に、

故森田芳光監督のTVドラマ、
「家族ゲーム」の打ち上げに
旧臨海ホテルを紹介していた。

石田氏に厳しい予算を説明して、
映画のクレジットにホテル名で、
タイアップに応えることで、
激安価格で引き受けて頂いた。

結果、映画は名作として残り、
監督や俳優さんたち、そして、
ホテルは消えても、

石田氏と小生の間には、
お葬式撮影時の記憶が鮮明に
残っており、それが縁で、
友情と信頼感の証となっている。

写真は名優・藤原鎌足さん。他に

大滝秀治江戸家猫八
尾藤イサオ岸部一徳
横山道代西川ひかる
海老名みどり吉川満子
香川良介佐野淺夫・関山耕司さん等が

旧臨海ホテルに宿泊している。

藤原鎌足と
FullSizeRender-68
FullSizeRender-67

横山みちよ
(横山ミチヨさんと)
田中春男と
(田中春男さんと)
FullSizeRender-69


About the Author



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top ↑