Today's Kenzo

Published on 3月 2nd, 2016 | by ken@jyohou.com

0

悪性リンパ種と青年期の肥満体型との関係。(MEDLEYより抜粋)

先日、ネット検索していたら
悪性リンパ腫に関するニュースが
掲載していた。既報の通りこの病は、

平石啓三郎氏(関東警備保障)が
背負い闘病中だが現在は良好で
順調な回復を見せているが、
ステージが高くなるにしたがい、
死と背中合わせの危険な病である。

ニュースの発信元はMEDLEYで、

これは200万人のデーターから
悪性リンパ腫に関してのデーターを
分析したもので。

悪性リンパ腫は、リンパ球
ウイルスBMI(体重÷身長の2乗)と、

将来非ホジキンリンパ腫
発生したかどうかについて、
統計解析を行った。

16歳から19歳で

BMIが25以上の肥満体型だった
人では、
正常体重の人よりも

非ホジキンリンパ腫
1.25倍の率で発生しており、
特に辺縁帯リンパ腫、B細胞

リンパ腫が肥満体型の人に
多い傾向があり、身体測定値と

非ホジキンリンパ腫
リスクが結び付くメカニズムを
明らかにするためにさらに
進んだ研究が必要であると、
研究班は述べている。後日、

平石氏には次回の、

ホルミシスルーム入浴の際に
16-19歳までにの頃、肥満体だったかについて
お話しを聞いてみたい。


 

 


About the Author



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top ↑