Today's Kenzo

Published on 3月 15th, 2016 | by ken@jyohou.com

0

加齢と共に現象するヒアルロン酸

今朝は昨日までの荒れた天候が
嘘のように晴れあがった。今朝、

愚妻を子供の頃より仲良しだった
気のおけない女友だちと一泊旅行に
出かけるため集合場所である、
熱海駅まで送り届けた。愚妻もまた

これまでとは打って変わって、
膝の疼痛が和らいだのか上機嫌で
出かけて行った。さて、

細川淳一筑波大学名誉教授が
推進するアダプトゲン製薬の、

元祖食べるヒアルロン酸(ECM・E)は

2014年2月あいち倫理委員会により、

エビデンスクオリティ認証/
素材認証を取得している。これは、

アダプトゲン製薬が販売する
食べるヒアルロン酸が科学的研究が
適切に行われたことを意味する。

その豊富なエビデンスの中から
いくつか認証された効果について
ご案内したい。ひとつは、

アトピー性皮膚炎の改善効果である。

資料によると、

アトピー性皮膚炎患者を対象とした
他施設共同プラセボ対象並行群間
二重盲検試験において、

0日目に対する56日間の
重症度スコアでは

プラセボ(擬似食品)群では37,5%の
改善があったのに対して、

ECM・E群では82,8%の改善であった。

そして、愚妻が長いこと悩み続けてきた

関節痛の緩和、変形性関節症に悩む
高齢者臨床試験では、接種から

一週間で既に痛みのレベルが低下し、

4週間経過で疼痛をほぼ感じない程度に
緩和し8週間後まで効果が
維持されていることが確認されている。

愚妻の場合は体重過多が起因しているのか
上記より一ヶ月多い8週間目頃より、
疼痛を口にしないようになった。
(つづく)

写真は細川淳一氏


About the Author



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top ↑