Today's Kenzo

Published on 3月 5th, 2016 | by ken@jyohou.com

0

劇団アルファー本公演VOL22ー2011・3・11ーふるさとは今もかわらず(作・石森史郎)

愛犬ふ〜の余命は続いている。
既に寝たきりの状態だが、
未だ死ねないとばかり打つ、
心臓の鼓動に憐憫の情を覚える。

さて愛犬年齢を人間に換算すれば

今年で齢83の石森史郎氏(脚本家)。

老いて益々創作意欲は衰えず
5月の浅草木馬座劇団21世紀公演の
時代劇の台本の他、今月31日より

4月3日まで高円寺の座・高円寺2で

上演される劇団アルファーの本公演(Vol22)、

ー2011・3・11ー

「ふるさとは今もわかあらず」の
台本づくりに入っており、

青森と北海道旭川の関係者からも
地域創世映画のオファーがあるなど、

脚本だけでなく演出にも意欲を見せ
元気横溢さが身体から発散していた。

さて、この芝居には
上月佐知子さんが出演している。

昭和30年代の日活映画出演時には
存在感ある演技でファンを魅了、

元宝塚出身で有馬稲子さんと同期で、
現在まで女優活動続ける息の長い
役者さんの一人である。

芝居の詳細に関しては、
劇団アルファーのHPをご覧下さい。

http://gekidan-alpha.com/i

さて、そんな元気な石森氏の他

小生の周りには、

細川淳一氏(筑波大学名誉教授)を始め、
80歳前後で角界の第1線で活躍している
学術経験者や文化人が数多いる。

この人脈を通して、熱海から”ある”
健康延伸事業を起業する方向で、
事業計画を進めているところである。

(石森氏と東栄小林会長夫人)


About the Author



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top ↑