Today's Kenzo

Published on 12月 3rd, 2015 | by ken@jyohou.com

0

熱海産「芽子ニンニク」で健康寿命の延伸を目指す!!

今日も熱海産「芽子ニンニク」のPRをしたい。

小生と佐口静男氏(佐口農園)が選択した
スプラウトニンニク(水耕栽培)は。

福島県郡山市の農業法人、
「株式会社エコファームジャパン」。

全国にスプラウトニンニクを販売する
農家や法人はネット検索して頂くとして、

動画有料配信システムBoothのメンバーで、
室井雅廣氏(ハイブリット・S・R)から、
紹介されたことをキッカケとして、

エコファームジャパンのご支援のもと
今日に至っている。小生と佐口氏は
過去3年間ニンニク栽培に取り組んだが、

ニンニク栽培は気候に左右されるなど、
失敗を重ね市場に出せずに個人的消費で
お茶を濁してきたが、室井氏の紹介と

”無農薬”芽子ニンニクに含む栄養価は、
県下一の高齢化率の熱海市において、
一粒万倍を期待させるものだった。

エコファームジャパンが発行する
芽子ニンニクタイムスを引用すると、

芽子ニンニクは昔から里山で
親しまれてきた発芽野菜の原点であり、

成長エネルギー、美味しさ、
栄養の塊である山菜ヒントを得て
開発されたそうだ。また、

ミネラルは人間の体内では作り出せず、
食べ物からしか補給できない。また、

昨今の野菜には農法の違いにより、
50年前までの野菜と比較してミネラルが
5分の一以下に低下しているという。

ミネラルの摂取量不足によって、
欠乏症が起り、身体に様々な不調が現れ、

◯骨粗鬆症による骨折等の心配、
◯貧血やめまい
◯精神的な不安
◯生理不順や生理痛など、
さまざまな病気の引き金となるようだ。

ミネラルは生命維持に不可欠な栄養素である。

農業法人エコファームジャパンが開発した
芽子ニンニクには驚異的ともいえる

ミネラルとGABA(γーアミノ酪酸)の
付加に成功した。最近では

生活環境の激変から、子供から老人まで
様々なストレスを抱えており、GABAは

人間の脳の神経系に作用して、

◯ストレスの抑制や
◯うつ病・痴ほう・アルツハイマーにも

効果があるという研究報告が発表されている。

(つづく)

 


About the Author



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top ↑