Today's Kenzo

Published on 12月 15th, 2015 | by ken@jyohou.com

0

吉村卓三氏(作家・動物学博士)と大森駅東急Hにて。

今日も午前中に上京する。上京前に、
一昨日渋谷でのセミナーの後、大森駅、

吉村卓三氏(動物学博士)と東急Hの
ロビーでお会いした記録を記載する。

吉村氏とは彼の著書(、吉村卓三と
37人の達人たち)一流になる人は
ここが違う!!に登場する何人かの方々と
会いする段取り願う話しだった

◯元医療法人の副理事長・安◯◯子氏
◯音楽療法研究の第一人者で埼◯医科大学
保健医療学部部長・◯合治久氏
◯Fマート持株会理事長・竹◯博氏

理由についてはお会いした後で記載する。

また、昨日は吉村氏も知り合いで、

国会タイムズ時代からの知人で都内で
不動産業業を経営するS会長が来熱した。

S会長と云えば、忘れられないのが、

1997年3月7日(平成9年)版画家で
芥川賞作家の故池田満寿夫氏が急逝した際、
パートナーだった

佐藤陽子(バイオリニスト)や小生及び
故五味武タイムズ会長、藤岡弘氏、
故金平ボクシングジム会長、故岡本功氏
他の皆さんでその夜は旧つるやホテルにて、
熱海の今後を考える会を開催した時の、
参加者の一人でもある。正確に云えば

故「池田満寿夫」氏が急逝したのは、
平成9年(1997)3月8日だった。
死因は、自宅において地震で騒ぐ
愛犬に足をすくわれ、転倒し意識が戻らぬまま
息を引き取ったと、新聞等で報道された。

話しが逸れたが、Y会長の来熱目的は
中国ファンドからのオファを受けて、
熱海の投資物件を視察するためだった。

また、中国人投資家が買ったと巷間、
噂の絶えない旧つるやホテル跡地について、
東京では中国ファンド買収の話しは無い、と、
半ば断言したが、実態は如何に。

 

 


About the Author



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top ↑