Today's Kenzo

Published on 11月 18th, 2015 | by ken@jyohou.com

0

平石啓三郎氏(関東警備保障)の悪性リンパ腫とホルミシスルームの相性

芽子ニンニクの直栽培が好評である。
午後から福島県郡山市にある、

エコファームJからニンニクの種と辛甘
2種類の味噌の加工食品が届いたので、

佐口静男氏(佐口農園)と一緒に、
ラーメンハウス一階にて種をトレーに
植え付ける。途中、土沢昇氏(PC119番)と

平石啓三郎氏(関東警備保障)が加わり

スプラウト栽培の過程を見た後、
ホルミシスルームにて、悪性リンパ腫の
治療経過について耳を傾ける。当初、

余命4〜6ヶ月と宣告された難病だったが
ガンに負けてたまるか、という本人の、
強い意思と主治医の抗がん治療が奏功し、

今月初め6回目の抗がん剤投与の後、
がん細胞減少との診断を受け目の前に
光明がさしはじめたと笑顔で話した。ただ、

顔のむくみや抗がん治療独特の抜け毛等の
諸症状に変化はなく、安心は禁物である。

また、病気の原因と診断された、
”とある人物”との間でトラブってる、
精神的ストレスの原因解決については

当事者と同じ親睦会の会長である、
佐口静男氏を代理人に交渉しているようだ。

今後はトラブルの原因とその展開が
注目されるところである。

今日の平石氏の話しを鵜呑みにすれば、

病気回復要因の一つは病院治療の他に

ラーメンハウスのホルミシスルームで
体温を上げていることや苦しい時に
真摯に話しを聞いてくれた我々仲間の
存在なくしてあり得ないと涙ぐんだ。


About the Author



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top ↑