Today's Kenzo

Published on 10月 3rd, 2015 | by ken@jyohou.com

0

熱海産芽子ニンニクの驚異的成長力!!!

昨日の夕方、ラーメンハウスにセットした
芽子ニンニクの種が昨夜には芽を吹き出し、
一夜明けた今朝の10時には驚く程の発芽を見せた。

前日、農業法人株式会社エコファーム本社の
近澤雄大商品管理担当者から栽培マニュアルの
指導を受けた佐口静男氏(佐口農園)も、

自身がトレーにニンニクの種と稀釈液を図り
セットしたことから、定番散歩の前に自宅を訪れ
予想以上に早い成長に、我が子を見るように
目を細め水耕栽培用のLEDライトを調整し
新しいトレーにニンニクの種を配置した。また、

芽子ニンニクはエコファームジャパンが
独自開発した発芽野菜にんにくで、100%、

天然成分による活性液を用いた水耕栽培で
成長させることで、従来のにんにくにはない、
豊富な栄養成分を含む機能性野菜でもある。

収益性、効率性の高い飲食店熱海モデル誕生に
スプラウトニンニクの技術とノウハウを
惜しげもなく提供して頂いたエコファームJの
関係者の皆さんには、小生同様、口数の少ない
佐口氏も感謝の気持ちを新たにする。

芽子ニンニクの活用法の一つとして、根も葉も
まるごと、天ぷらや鍋物、炒め物に使え
ミネラル豊富でGABA(αーアミノ酪酸)と
カルシュウムや鉄分ナトリウムやマグネシウム、

亜鉛、リン等のミネラル含有量は驚異的で、また、
臭いに関してもPRのとおり余り感じなかった。

芽子にんにくは、ということだ。

栽培期間は通年で、栽培種類はホワイト種。
ユニットでの生産能力は一日あたり100,000万本で、
鮮度保持期間は2週間と明記されていた。

 

 


About the Author



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top ↑