Today's Kenzo

Published on 7月 25th, 2015 | by ken@jyohou.com

0

阿里山鉄道設計者「飯田豊二」の足跡を追う

先日、地下鉄銀座線末広町1番出口目の前にある
健康夢空間事務室にて、飯田慎一氏は初対面の
石森史郎氏と即、息が合い、ドラマチックな
先祖の経緯について話し始めた。慎一氏には

飯田豊二よりも、豊二の兄祖父耕一郎が
満鉄の鉄道技師だったのは覚えている。また、

慎一氏が誕生した昭和12年11月3日に祖母、
飯田意誠が発刊した耕一郎の面影(非売品)にも、

祖父のほか、豊二に関する記述にあるものの、
豊二の面影は遥か忘却の彼方にあった。

その豊二を甦らせたのは、2005年10月だった。
ある日、沼津市役所から、慎一さんは
飯田豊二さんの親戚なのかとの連絡を受ける。

台湾高雄市とその関係者が飯田豊二の親族を
日台友好協会関係者が探している。と、

「李◯輝友の会」メルマガコピーを受け取る。

これをキッカケに飯田慎一氏と親族の一人が
高雄市に招かれ豊二の偉業を知ることとなった。

(つづく)

IMG_3489


About the Author



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top ↑