Today's Kenzo

Published on 4月 14th, 2015 | by ken@jyohou.com

0

健康夢空間ホルミシスルームの効果は玉川温泉級か?

ここのところ湿っぽい天候が続く泉都熱海。特に、
今時の熱海の夜に降る雨には情緒の欠片もなく、夜の
ネオン街への客足を遠のかせるので歓迎できないのだが、
昨夜は、東京から健康夢空間スペース本部(神田)から

池田孝社長(ウエルエイジング株式会社)が来熱した。

池田氏の来熱は、19告示となる市議会選に出馬する
小生への激励と22日後楽園ホールで開催される、
一力ジム主催のプロボクシングのチケット受け取りと
ラーメンハウスに設置のホルミシスルームの放射線量の
測定や”吸うホルミシス”テラの点検を兼ねてだった。

池田氏は既報の通りホルミシスルームを中心とした
健康美容サロンの全国展開を標榜し、小生の自宅ビル
一階ラーメンハウスにも昨年12月末にシステムを完成、
顧客のうち希望者には自由に体験して頂いている。

ホルミシスについては、PRを兼ねてブログで何度も
取り上げておりご承知の方も多いと思われるが、

語源は「ホルモン」と同じギリシャ語に由来しており
「活性化する」「刺激する」意味だと説明を受けている。

さて、ホルミシス効果といえば、秋田県玉川温泉が有名だ。

秋田県八幡平の日本海側にある焼山が西暦806年の
爆発により誕生したといわれている。玉川温泉は
収容人員700名だが予約が半年待ちという人気の、

放射能線(ラジウム温泉)として、毎分1万リットルの
湧水量を誇っている。このラジウム温泉に含まれる
”ラドン”のホルミシス効果は国際機関である、

”世界保健機構”(WHO)も認めている。つまり、

池田社長の言葉を借りれば、ー微量なラドンが
細胞等に刺激を与え、その働きを高め体内の新陳代謝を促進し
身体の免疫力や自然治癒力が高まることを、
ホルミシス効果といい、秋田の玉川温泉や

鳥取の三朝温泉と同じラドンやラジウム温泉を備えた
装置をホルミシスルームという。着たまま温泉浴、

ホルミシスルームの効果効能については明日以降で。
(写真は池田社長。ラーメンハウスにて)
池田社長

 

 


About the Author



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top ↑