Today's Kenzo

Published on 12月 4th, 2014 | by ken@jyohou.com

0

及川拓郎脚本監督「涙で月よ、輝けよ」(平成の金色夜叉)来年2月クランクイン予定。

昨夜の月一親睦会(元気会)は食事処「花かがり」にて
スッポン料理を中心に堪能した。親睦会の途中で
熱海市内から静岡空港周辺のロケハンから戻った、

及川拓郎監督以下お腹が空いたと電話が入った。
ホテルサンミ倶楽部にチェックインしたあと、小生の

ラーメンハウスにて今日の状況とクランクインの時期、
サプライズなキャステング交渉等、3人の女性プロデュサー
(竹村リエ、舟橋清美、長谷川聖子さん)から説明を受ける。

日本ストーリーデザイン大賞からスピンアウトした
「涙で月よ、輝けよ」(脚本・監督及川拓郎)は無論、

平生の金色夜叉がメインテーマであり、準備稿から
第2項まで脚本は読ませて頂いており自分的には楽しめた。

及川監督についてはWikipediaをご参照頂いて
どのような作品に仕上がるかについては、
乞うご期待、というところである。さて、今日は

議運が開催され本会議2〜3日目の議事順等が協議された。
淡々と進んだ議会運営委員会だが米山議員(公明党)が
当局の非協力的な資料提出に関して怒りの拳を上げた。

起雲閣の指定管理者継続審議に関する当局中心の
不透明さを指摘したもので、この問題の本質に関しては
本会議での質疑応答を待って焦点を当ててみたい。また、

今日は午前中に上京し、石森史郎氏(脚本家)他
複数の方々にお会いし先ほど帰宅した。内容については
後日掲載するとして、今日は北海道の親友が来熱しており、
本会議提出の質疑通告書の内容については明日掲載する。

及川監督と3
スッポン


About the Author



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top ↑