Today's Kenzo

Published on 12月 24th, 2014 | by ken@jyohou.com

0

伊豆山神社は関八州総鎮護 伊豆・箱根両所権現の歴史あり。

今朝第3庁舎に入る玄関口で、風の冷たい中、
市営駐車場に向って白装束姿で歩みを早める、
原口宮司(伊豆山神社・初島初木神社宮司)と出会う。

丁度、熱海観光防災協力会「はつしま会」の件で
早急に連絡する予定だったこともあり。失礼ながら
そのまま呼び止め小生の控室にて、来庁理由をお聞きする。

伊豆山神社は言わずと知れた歴史ある社である。1617年、
徳川家康は後水尾天皇から東照大権現を勅諡されたが、

伊豆山神社も関八州総鎮護 伊豆・箱根両所権現と
尊称され、歴史に裏打ちされた多数の文化財を有し、
神社境内には熱海市が管理運営する

「伊豆山郷土資料館」があり、神社参拝客等の
観光客が資料館に展示された宝物を拝観している。で。

宮司さんの話しによると、資料館にはトイレがなく
資料館の嘱託員や見学する方々には神社社務所に併設する
公衆用トイレを提供してきたが、築40年以上が経過し
老朽化が急となり修繕や改築が不可欠となったことから

かねてから要望してきた費用の負担割合について
余りの反応の悪さに業を煮やし、市の所管課である
障害学習課と議長宛に正式に要望書を携えてきたのだが、
生憎と目的を達せられずに庁舎を出たところに

小生と出会ったということである。管轄外だったが
熱海市の観光にも関わることでもあり。
出野観光部長を控室に招き事情を説明し対応を聞いた。

その他、熱海観光防災協力会「はつしま会」については
八木観光課職員から経緯について説明頂いた。

原口宮司と
宮司と八木


About the Author



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top ↑