Today's Kenzo

Published on 12月 12th, 2014 | by ken@jyohou.com

0

オールドノリタケ、熱海市銀座町サトウ椿油店一階店舗に搬入完了。

今朝は佐藤陽子さん(バイオリニスト)のパートナー
粕谷会長から議会事務局にみかんが届いた。陽子さんが
愚息を長年秘書として鍛えて頂いたご恩があり、愚妻共々
感謝の気持ちを忘れずに付かず離れずお付き合い頂いている。

午後からオールドノリタケの搬入を終えた、銀座通りの
佐藤ツバキ油店に小山学校教育課長と角田観光課長に
一度見聞することをお勧めする。また昨夜は起雲閣にて

わたなべ周個人演説会の応援に参加し健闘を祈った。

かつては自民党熱海支部に所属していたが、現在は
保守系無所属「熱海市政調査会」一人会派の小生だが、

わたなべ周さんとは個人的な繋がりもあり党派を超えて
支援してきた。また、市長、県議、知事、地元選出の
国会議員としてのLINEが確立されており、この糸を
切らす事で少子高齢化が加速する温泉地熱海の消滅が
土壇場で踏みとどまれる再生案に強い期待もありまた、

熱海温泉全体的にはアベノミクスの恩恵が見えず逆に
円高の影響が市民の食料事情を悪化させている現状からも、
地方議員の一人としてこのまま一強政党の行く末を懸念し
今回も、わたなべ周さんから他の候補に変える理由は
見つからなかった。デットヒートを繰り広げている

対立候補の勝俣氏も将来性豊かな政治家である。ただ、

周さんは、読売新聞記者を経て総務副大臣や防衛副大臣を
経験してきたことから政界の論客としてTVでも発言力があり、
その活躍するフィールドも広いことに、熱海市民の一人として
期待している。ただ、厳しい戦いを強いられているようだが、

数年前は自民党が同じように逆風に晒されていたのだから、
行って来い、である。この逆風を乗り越えてこそ、周さんの
政治家としての真の実力が見えてこようというものである。

ノリタケ1
ノリタケ3


About the Author



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top ↑