Today's Kenzo

Published on 10月 29th, 2014 | by ken@jyohou.com

0

熱海梅園・韓国庭園の沿革

今日は恒例の、起雲閣前の甘味処「福屋」さん主催の、
落語家・林家たけ平を囲む房総一泊の旅に参加する。
小生は今回で3度目となる親睦旅行だが、参加者は
”たけ平林家89クラブ”メンバーさんが中心となる。

旅の話しは帰宅後として、午前7時40分の出発前に、
愛犬ふ〜の定番散歩とブログアップを済ませるが、

テーマは熱海梅園と韓国庭園の沿革について少々、

/////

明治19年、梅園は横浜の豪商茂木惣兵衛氏が開設。
昭和8年、韓国・朴敬元女史、玄岳山中に墜落・遭難
昭和9年、墜落現場に「鳥人霊慰碑」建立
昭和20年、国有地(旧大蔵省所管)となる

昭和29年、都市計画公園決定
昭和35年、梅園、熱海市に無償にて払下げ
(国際観光温泉文化都市建設法による)

昭和35年、朴敬元女史の遭難40周年際開催
(日本女性航空協会と韓国女性航空協会)

昭和56年、上多賀町内会、「遭難慰碑」建立

平成12年9月23日、日韓首脳会談開催(金大中大統領、森喜朗首相)
9月24日、両首脳、梅園を散策・歓談

平成13年12月、韓国庭園工事に着手

平成14年8月、韓国庭園工事完成
(設計・監修は安聲浩ソウル大学教授、木材・瓶は
韓国産、主要建築物は韓国の職人の手で施工)

8月24日、韓国庭園開園式典
(趙大使・森前首相・川口熱海市長列席、「友好平和」と
「朴女」の記念碑除幕、国際交流イベントや交流会を開催)

平成15年3月、韓国大使館文化院より展示品の寄贈を受ける
4月、日本女性航空協会と韓国女性航空協会の
姉妹提携30周年記念交歓レセプション開催
韓国文化院より家具の配置指導を韓国庭園現地で受ける。
9月、韓国庭園開園1周年記念式典開催
(趙大使・森前首相・川口熱海市長列席

平成17年、柳韓国大使館文化院長が来熱、熱海JC主催の
韓国イベント(韓国映画祭、韓国庭園交流事業)に参加。

平成18年、日韓文化観光交流in熱海開催
第3回熱海梅園韓国庭園祭
(羅大使、川口熱海市長列席、植樹祭、朴敬元

総領事館外
総領事館外観


About the Author



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top ↑