Today's Kenzo

Published on 8月 11th, 2014 | by ken@jyohou.com

0

熱海市渚地区の横丁の一角に新風の予感。

愛犬ふ〜との朝の散歩の後、庁舎控室には
午前10時30分に入室する。既に昨日ご紹介した

金沢市から関連する飲食店事業の一環として、
熱海市渚町に出店を決めた、イグジスタンスの

仲林将貴代表、濱石周二氏と熱海の責任者、
宍戸大佑氏等が控室で待機していた。実は、

仲林氏の熱海進出にあたっては、小生が、
古川光男氏(マザーズ・JSD協会専務理事)に、

一昨年、平成の金色夜叉のあらすじを募集した
日本ストーリーデザイン大賞(現JSD協会)の
実行委員会委員を依頼した関係で、

金沢市議会を表敬訪問した際には、
古川氏の案内で

◎EXISTEN​CE~將貴~
◎DOUBLE HEART
◎Dining Bar CHANT 等3軒を経営する

株式会社イグジスタンスの仲林氏を紹介された。

以来、約2年間余り、古川氏と仲林氏他
スタッフによる熱海温泉繁華街の市場調査を重ね

北陸新幹線開通や同じ観光地としての共通点と
費用対効果等算盤を弾いた結果、先ずは、

関東県で年間来遊客数280万人を数える、
熱海温泉商機を見いだし、に金沢で培ってきた
これまでの経験を踏まえたサービス提供で
地元定着型飲食店の開店を決断したのは、

歴史があり横丁の雰囲気を残している、
渚地区の将来性を先読みしたからに他ならない。

とは云え、小生としても定着するまでは
未知数であり不安要素もあるが、仲林氏他
スタッフの意気込みに期待したい。

控室では仲林より、渚地区をリサーチの度に
お世話になった、渚町の同業者から昨日、

新規開店店舗として最適な情報提供を受け、
確認した上で、進出決断が加速したことや、
今後の流れについて説明を受け、記念写真を撮り、
一行は成果を土産に金沢に戻った。この後、

市内つつじヶ丘町内会3名の新規役員が来庁、
控室にて、まちづくり課職員を前に、

齊藤市長が選挙公約に掲げた、

高齢者を大切にするまつづくりに関連する、
幾つかの課題をテーマに、所管課に質した。
(つづく)

仲林氏&スタッフ


About the Author



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top ↑