Today's Kenzo

Published on 6月 22nd, 2014 | by ken@jyohou.com

0

大阪府警暴力団担当刑事・祝十吾の事件簿(森功作・講談社刊)

今日は愛犬ふ〜との定番散歩の後は自宅に引っ込み、
マッサージチェアに身体を預け、購入したまま積んどく状態だった

知人でノンフィクション作家の森功氏の著作
大阪府警暴力団担当刑事(祝十吾の事件簿)講談社刊を読み耽る。

森氏の著作に関しては、平成10年12月5日のブログにて、

森功氏から送られてきた著作の中から、講談社文庫のベストセラー、
”許永中日本の闇を背負い続けた男”を読み始める。で、紹介している。

森氏の経歴をWikipediaから転載すると、週刊新潮」編集部などを経て、
2003(平成15)年にフリーランスのノンフィクション作家へ転進した。

森氏と知り合ったのは週刊新潮編集部時代。小生が国会タイムズの
支局長時代にとある、都内の経営コンサルタント事務所にて紹介され、
それ以降、断片的ながら取材に応じたり、氏の著作を送って頂く等
脈は繋がっていた。また2008年の「ヤメ検」と

2009年の「同和と銀行」の両記事で2年連続「編集者が選ぶ
雑誌ジャーナリズム賞作品賞」受賞。2009年「同和と銀行」で
第41回大宅壮一ノンフィクション賞候補、2011年「泥のカネ」で

第33回講談社ノンフィクション賞候補、2012年の『なぜ院長は
「逃亡犯」にされたのか 見捨てられた原発直下
「双葉病院」恐怖の7日間』で、第11回新潮ドキュメント賞候補、
第44回大宅壮一ノンフィクション賞候補になるなど、

旬のノンフィクション作家の一人である。で、今日は、読了後、

iPhoneからfacebookを開いてトモダチの近況をチェックしつつ、
知り合いかもコーナーをクリックしていた際に、偶然に、

森氏を見つけ早速、トモダチ申請してfacebookでも繋がった、
というわけで、今日はその記念にご紹介させて頂きました。
(顔写真はネットから転載)

森功著作
森功氏


About the Author



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top ↑