Today's Kenzo no image

Published on 1月 16th, 2014 | by ken@jyohou.com

0

今日の雑感。

今日は先ず、ブログのコメント欄に届いている共産党全国大会に関連する、
貴重なご意見をご紹介させて頂く。ー熱海市民に迷惑ヲかけ、自ら否定セル
「機動隊」ニ守られ警備費用ハ、全て県民支払デハアリマセンカ。
此の事実を市民に説明した事有りますか。日本共産党ニ説明ヲ求めた事有りますか。
理解する住民が、ドレホド居ますかー・・・・・さて今日の午後3時少し前、

駐車場からクルマを出したものの、何時になく流れが悪かった。それもそのはず
セイフー前の橋のたもとに警察官が何やら屯しており、横浜ナンバーの
乗用車のボンネットが大きく跳ね上がっていた。事故の原因など詳細は不明だが、
現場の状況をスマホのカメラに収め自宅に戻る。また今夜は7時から、

月一親睦会(元気会)が和食処「花かがり」(銀座浜町)に参加を予定しており、
少し早めのブログアップは、昨日からの続きである、ナーシンングホーム
翔寿園(医療法人社団 誠寿会)について、これまでの熱海市の対応について、
山田介護長寿課課長より話しを聞いているのでご案内する。

「入所者や及び利用者の問題点について」

ー今回の翔寿園の処分で保険者として気にかかることは、入所者及び
家族が施設の継続性に関し不安に思うことや、今まで
短期入所や通所リハビリテーションを利用していた要介護者及び家族の方が、
それらのサービスの代替がスムーズに進めるかである。このことに関し、

保険者として当然ではあるが、翔寿園に対し利用者や家族に対する
説明会の開催や個別の相談を率先的に開催するよう要請した。また、
短期入所や通所リハビリテーションの責任者に対し、
各要介護者のケアマネと調整しそれらのサービスが速やかに
市内の他事業者で受け入れるよう指導するように要請した。また、市内の
各居宅支援事業者(ケアマネの事業者)に対し、翔寿園の介護保険法に基づく処分を伝え、
該当がある場合には要介護者及び家族と相談のうえサービスが
速やかに市内の他事業者で受け入れるよう配慮してもられるよう要請した。

(つづく)

事故現場

 

 


About the Author



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top ↑