Today's Kenzo

Published on 10月 1st, 2012 | by ken@jyohou.com

0

阿寒湖温泉、鶴雅グループを表敬訪問する。

今夜のフライトはどうやら大丈夫のようだ。ホテルの窓を叩く豪雨とTVの
天気予報(午前8時)に見比べながらブログアップしている。昨日も、

台風17号の北海道接近を気にしつつ、親友(伊木茂樹氏)の案内で阿寒湖温泉へ入った。
阿寒湖温泉には親友の知人がこの地を軸にして、ひがし北海道と道央エリアに
9つの温泉リゾートを展開する鶴雅グループが話題を集めている。

その鶴雅グループの本陣が株式会社グランドホテル。代表は大西雅之氏。釧路市出身の東大卒。
先代は釧路駅前で大西旅館を経営後、57年前に阿寒湖に温泉に進出。大西社長は、
先代の亡き後、商社を辞して旅館業を継承、紆余曲折を経て現在は、いずれの施設も
国立・国定公園内の希有な自然環境に立地し至福の休日を提供して、
顧客の異なるニーズを満足させ大人気の温泉スポットに成長させた注目の人物。

親友の計らいで「あかん湖鶴雅リゾートスパ鶴雅ウィングス」にて、
黒滝博氏(常務取締役)を表敬訪問する。黒滝常務は元釧路信金支店長から転身、
親友とは旧知の仲ということで、ズ〜ズ〜しくも成功への経営ノウハウがぎっしり詰まった、
各宿泊施設をご案内して頂きながら、温泉熱を利用した温熱供給システムと
排熱回収ヒートポンプ冷暖房システムを導入した省エネシステムについて、
約1時間30分にわたって話を聞くことができた。今後随時、そのノウハウを掲載する予定だが、
熱海温泉に適用できるかどうかは今のところは未知数である、さて、チェックアウトまでの時間、

同期会の波田地昭彦氏が「会報くまざさ」記した昭和39年当時の記録を抜粋する
ー植木等は「俺んところにこい」と無責任なスーダラ節を唄い、
少年サンデーでは、おそ松くんのシェー、オリンピックではウルトラCなる
言葉が流行し、やがて「べ平連」なる耳慣れない名に怯え、興奮しながら
学生運動に走った時代でもある。校内では、喫煙問題、服装規定違反、
校則等、今風の学校問題が走りとなった時代である。しかし、

他校よりは校則は厳しくなく、男子は下駄履きで通学し、学校帰りに
末広町の喫茶店に自由に出入りできた。また晴天の日には、
先生に懇願し、自由時間を自習時間に変更し、春採湖でボートを漕ぐことも
許された時代でもあった。

 

 

 

 

 

 


About the Author



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top ↑