Today's Kenzo

Published on 7月 22nd, 2012 | by ken@jyohou.com

0

熱海温泉夏の娯楽「ジェットスキー」を取り巻く環境をリサーチする

今朝の熱海港は日曜日とあってか曇天ながらも来客が多い。七半岸壁には、
マリンフェスタ2012の一環として、下田海上保安部所属の
巡視艇「あまぎ」がドッカリと腰を下ろしていた。今日のあまぎは、
無料一般公開で恒例のミス熱海との体験航海が用意されている。
昨夜の海上花火大会といい、夏の熱海は誘客イベントが目白押しである。さて、

夏の海のスポーツといえばジェットスキーがある。ただ昨今、
ジェットスキーを取り巻く環境はマイナス面がクローズアップされている。
環境破壊と無免許対策や未熟なライダーによる事故等が多発している。
これまで各地で漁業権侵害や海水浴客との衝突事故など社会問題化しており、
ライダーだけでなく販売業者にもダメージが広がっているようだ。さて、

熱海市上多賀に市内唯一の水上バイク専門業者が店を店を構えている。
「佐藤マリーン」(佐藤勇二代表)である。ここでは前記の事故を教訓として
安全管理に万全を期して、市外の同業者を通じて愛好者も受け入れている。
その佐藤マリーンの対応に対して、小生のブログを通して苦情は入った。そこで昨日、
名指しされた佐藤マリーンを訪問し事情確認する。

投稿者は◯藤正△さんで、

ー熱海観光及び、ジェットスキーのことで伺いたいことがありますー
★7月15,16日と友人、友 人家族20人でジェットスキーでの
初島ツーリングを企画し、サトーマリンの人に宿をとってもらい、
熱海に伺いましたが・・朝 9時ごろに、サトーマリン前に到着しましたが、
社長になんと・頼んであったのにもかかわらず?
忙しいから船は降ろせないと、バッサリ!!!

何がなんだかわからず頭の中が真っ白になりました、
いくら頼んでも無理の一転張り!(中略)
い くら話しても、無理なのでみんなで降ろしてもらえる所を探して
降ろすことは、できましたが気持ちは、納得がいかず・モヤモヤ。なんと!16日も前日の夜に降 ろすと言う約束をしたのにもかかわらず、朝には、
そんな話しなどしていない!聞いていもない!最後には、地元のお客さんしか降ろさないとのこと。
ジェットスキーのりがマナーが悪いと書いてありますが?その前に
サトーマリンはどうなんですか!!熱海のルールは、これですか?
はじめからだめならだめと言ってほしいものです

ほんとうにだまされて、泊まらせられた気分です★この投稿に対して、
佐藤マリーンさんからのお答えは、動画にも記録したが、佐藤社長は、

ー事情は事情として、言葉足らずで申し訳ありませんでした。
わざわざ熱海にお越し頂いたにもかかわらず、ご紹介頂いた業者さんを含んで、
事前のコミニュケーションの不足や翌日の、電話での受け答えが
上手くできなかった事を素直にお詫び申し上げたいーと、反省の弁も。また、

今後も環境に配慮し安全管理を徹底することで、熱海のテリトリーを守り、
水上バイクに対するイメージを回復したい。と、抱負も添えた。

 

 


About the Author



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top ↑