Today's Kenzo

Published on 7月 17th, 2012 | by ken@jyohou.com

0

熱海市咲見町奉安殿に鎮座する「神武天皇像」は彫刻家・山本瑞雲の作品。

今朝は午前4時に起床、高橋弘会長が自宅に迎えにくる前にブログアップする。
そんなに急いでど〜した、と、思う方だけにお教えしよう。これから
長野県南佐久郡にあるゴルフ場に向うのである。早い話し、毎月恒例のゴルフコンペを
高橋会長の誕生日(昭和10年7月10日生まれ)を記念して、
八ヶ岳近くにあるカワカミバレーゴルフ場に向っての早起きなのだ。スタートは

午前10時30分。多分、今夜はクタクタのバタンキュウ〜。ならば、
出発前にブログ更新と相成った次第である。今日のテーマは

我が町内会(咲見町)奉安殿に鎮座し、年に2日間、
来宮神社例大祭(こがし祭り)の山車コンクールにお披露目される、
神武天皇像」の由来について少々。現在、平成の金色夜叉をテーマに
日本ストーリーデザイン大賞を広く募集しているが、尾崎紅葉と
同時代に活躍した国宝級の名作を多数残した彫刻家
「山本瑞雲」についての由来記と彼の足跡をネットからご紹介する。実は

山本瑞雲は慶応3年に熱海市で生まれている。明治15年高村光雲の門に入り、
明治23年勧業博覧会に「亀」を出品する。また、東京彫工会競技会には「鹿」を出す。
米国シカゴ博覧会出品の「垣野王」は銅賞牌を。その後仏像の製作補修にあたり、
大正6年栴檀社を組織して木彫界の新運動 のため気を吐いた。大正11年聖徳太子奉讃委員となり、
昭和に入つてからも本郷東片町大円寺の聖観音、六臂如意輪観音、八臂不空羂索観音、
八臂馬頭観音、 十八臂準捏観音脇侍二龍人等を製作し、昭和11年には
浅草寺待乳山祥天の毘沙門天、三方荒神両脇侍を作つて努力精進を重ね、
昭和16年3月13日中野区の自宅で脳溢血のため逝去した。享年75。下記神武天皇像は


明治27年、瑞雲23歳の頃の作品。立身出世の祈願を込めて制作し、咲見町に奉納した。また、
この神武天皇像の制作に併せて、近くの藤森稲荷には”狐”n彫刻を奉納している。そして、
瑞雲の弟子には日本を代表する彫刻家「澤田政綱」がいる。山本瑞雲にスポットを当て
平成の金色夜叉を創作するというのも、ストーリーデザインとしてはアリの話しだ。


About the Author



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top ↑