Today's Kenzo

Published on 5月 18th, 2012 | by ken@jyohou.com

0

大相撲5月場所(国技館)観戦。山岸&石森氏等と。

今朝は愛犬ふ〜との熱海港離岸堤を散歩中に、ペットを吹く青年を撮る。この青年、
時折、この場所にてトランペットを吹いている。これまでは釣り人や
散歩人に遠慮がちに吹いているのが気になっていたが、今朝は、
ストレスが溜らないよう思い切ってブレスするよう進言、記念に収録する。
散歩の後、庁舎5階の議会事務局にて雑用をこなして熱海駅へと向う。今日は

山岸伸氏(写真家)と石森史郎氏(脚本家)及びその関係者を、
両国国技館にて開催中の大相撲5月場所12日目の観戦をセットする。今回も,

T興産のT副社長からご招待して頂いた。これで2年連続東京場所観戦である。
それも今回は、5人が靴を脱がずにユッタリと観戦できるボックスシートである。

石森氏と午後1時30分過ぎに国技館前で待ち合わせており、
時間に余裕を持って東海道線を利用して上京する。ただ、出発に、
茅ヶ崎駅で人身事故が発生したとかで、大幅な遅れが出たが、
アクティに乗り換え、午後12時30分前に東京駅に到着した。また、
熱海駅から同じ車両に乗り合わせたのが、役所のOBで現在、
隠居の六か条をもって、悠々自適な無職人を自任する
「平井純之介」ご夫妻。大船駅までご一緒してご指導頂いた。

東京駅から秋葉原で総武線に乗り換え両国で下車し、石森氏と合流する。
館内では、顔なじみと鳴った茶屋の係員から飲食の接待を受け、
十両から声援を送った。星の潰し合い、ガチンコ勝負に館内が沸く。
贔屓の力士にヤンヤのかけ声が飛び、雰囲気が最高潮に達する少し前の午後4時、

山岸氏とスタッフが係員に案内されボックスに腰を下ろした。
聞けば山岸氏、相撲界に詳しくこれまで、瞬間の顔でも、
栃東を始め、数人の相撲関係者を”撮り”上げてきた。

今日は相撲観戦を利用して、山岸氏から委託されていた、今年の
オリンパスギャラリー主催の、瞬間の顔Vol5で撮り上げる、

熱海からの候補者2人について打ち合わせる。小生意中の一人は、
老舗旅館の社長に白羽の矢を立てる予定だが、もう一方については、
絞り込みが足りず、来月始めまでに結論を出す事で了解を得る。

今回も楽しむことが出来た大相撲観戦。お世話になったT副社長に、
感謝の電話を入れさせて頂いた。また、中入り後取り組みが終了し、
石森氏から恒例のちゃんこ鍋(安美錦)をご馳走になり、東海道線にて熱海に戻った。


About the Author



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top ↑