Today's Kenzo

Published on 1月 3rd, 2012 | by ken@jyohou.com

0

石森史郎氏(脚本家)NHKラジオ「懐かしのオールディズ」番組で熱海をPRか。

石森史郎氏(脚本家・作家)から電話が入った。1月13日午後10時5分から90分間、
NHKラジオ第一放送に出演の案内だった。タイトルが
「懐かしのオールディズ」という番組で、構成は1~3部からなると声を弾ませた。

石森氏とはつい最近(12月29日)東京駅でお会いした際ばかり。沖縄を舞台に、
勝手連で一世を風靡したM氏を軸にした映画製作について聞かされ、また、
平成の金色夜叉を題材に、第一回日本映画・TVプロット大賞設立に向けての
素案作りに協力して頂いたばかりだが、番組で熱海をPRできるよう努力するとも。

このありがたい電話には伏線がある。日本映画監督協会有志の皆さんと、
「平成の金色夜叉」をテーマに、設立準備委員会を立ち上げた
”日本映画・プロット大賞”に関する審査委員メンバーの人選に関してである。

プロットとは簡単なストーリー、つまり、あらすじである。つい最近も、

週刊文春(12月22日号)のなかで、作家小林信彦氏が自身のコラム、
”本音を申せば”(第680回)、歳末の淋しい映画界と題し、

ハリウッド映画はアクションもの、特撮ものの続編でつないでいる。
・・・・中略・・びっくりするような作品はない。これは、
映画通の友人とも話したのだが、映画の核となる

プロット(筋書き)にオリジナルなもの、アイディアがないという
悲しい現実からきている。と、実にグッドタイミングなコラムを書いている。

熱海といえば、尾崎紅葉の「金色夜叉」が今なお強く観光客の心を揺さぶる。

—熱海の海岸散歩する、貫一お宮の二人ずれー
—今月今夜のこの月を俺の涙で曇らせてみせるー等々、
日本近代文学名作のひとつ「金色夜叉」。貫一とお宮、明治に生きる

男と女の愛と金に翻弄される姿が濃密な愛憎劇として描かれ、今なお、いや、
これからも尚、男と女の愛の葛藤、金とイロに振り回される愚かで愛おしい姿は、
いつの時代も変わることはない。未完の大作「金色夜叉」は
明治の文豪紅葉が読売新聞に連載され、今日まで、熱海の代名詞として、
約100年間、語り継がれ何度も映画化や舞台化もされてきた。だから、である。

新しい熱海の誕生に向けてのまち興しとなることを目的として、

今度は平成の金色夜叉をテーマに、権威あるプロット作家育成を視野に、
「日本映画・TVプロット大賞」設立に向けて、石森氏を始めとして、
日本映画監督協会や柏原脚本家協会長以下、関係各位の協力が得られれば、初夢が正夢となる。


About the Author



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top ↑