Today's Kenzo

Published on 1月 28th, 2012 | by ken@jyohou.com

0

石森史郎氏(脚本家)と熱海温泉との縁結びのルーツは、ホテル志ほみや(紅葉の筆塚)にあり。

4年以内に70%の確立で首都圏を大地震が襲う。富士山の噴火もそう、遠くない。
つい先日発表された地震学会の発表を裏付けるような今朝の揺れでだった。
特に今日は、石森史郎氏(脚本家)と上京する予定だ。当然、
余震の影響も頭に入れておかなければならい。そして今朝は、

熱海駅伝大会である。愛犬ふ〜との散歩定番コース(熱海港周辺)は
駅伝の影響で交通規制が敷かれている。と、いうことで、
事務所周辺から国道135線を走る選手に声援を送り、糸川沿いの
桜祭りをのぞき、店開きをしている関係者と挨拶を交わすなどしているうちに、
スッカリ余震に対するプレッシャーが吹き飛んでいた。事務所から、

富岡酒店のトラックに便乗して熱海駅へ。途中、ホテル志ほみ屋を前に、
ーここ最初の奥さんと新婚旅行に来たんだよね〜っーと、石森氏。
へ〜っ、偶然にしては出来過ぎである。”ん度目”の結婚式をあげたのが
来宮神社で、新婚旅行が尾崎紅葉の筆塚を祀るホテルとは。
偶然にしては出来過ぎなストーリーに、平成の金色夜叉をテーマにした、
「日本映画・TVプロット大賞」設立に確かな手応えを感じる。と、
新幹線の車中、膨らむ夢を語り合うなどして、石森門下生が待つ神田駅へ。

神田駅では田中貴大氏(シナリオ作家)と超売れっ子の漫画原作者
北沢雅紀氏と合流し、御徒町にある餃子の「昇龍」にて昼食、その後、
近くの喫茶店にて、プロット大賞の企画意図と漫画家の紹介をお願いする。

漫画家の紹介を依頼したのは、西島木工の木はだ織りや、とある神社の
キャラクラーグッズ等々の創作に協力して頂ける人材探しである。
あまりくどくならないよう、田中氏と北原氏を残して石森と帰路についた。

ちなみに、北原氏の作品をご紹介すると、

◎昆虫鑑識官ファーブル(あきやまひでき・画)全7巻 小学館刊
◎あんこう ~快釣海上捜査線~』あきやまひでき・画)全5巻 小学館刊
◎あいどるDays(真里まさとし・画)全2巻 集英社刊
◎ジキルとハイドと裁判員(森田崇・画)全5巻 小学館刊
◎玄米せんせいの弁当箱』魚戸おさむ・画)全10巻 小学館刊
◎真夜中のこじか(あおきてつお・画)ビッグコミックオリジナル連載中
◎どらコーボク(石川サブロウ・画)小路谷純平名義 ビッグコミック連載中
◎Dr.キュイジーヌ(たなかかなこ・画)ジャンプ改vol.5読切掲載 他

 


About the Author



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top ↑