Today's Kenzo

Published on 12月 9th, 2011 | by ken@jyohou.com

0

熱海市議会本会議3日目、けんぞう登壇。

今朝も寒かった。議場内の暖房のコンディションが今イチで、
議場は上半身は適温だったが、下半身は寒く、寒暖の差が生じ、
クシャミが飛び出し鼻水も流れ、風邪のひき始めの症状ににており、心配したが、
帰宅後のうがいと手洗い、そして、黒ニンニクのお陰で事なきを得たものの、
空気の冷たさに震えながら、愛犬ふ〜と観光港周辺を一周した。
散歩を済ませ、庁舎に入り本会議3日目での出番に備えた。

今日の本会議3日目は、杉山、藤曲、佐藤、金子、
米山、小生、越村の各議員が順に登壇し、各会派議員それぞれ、
不況をテーマに切り口を変えるなど、熱のこもった内容で
舌鋒鋭く当局に迫った。また、今日の通告テーマが同じだったのが、
公明党の米山秀夫議員だった。米山議員は、

介護給付金の不正請求事件のその後について、22年度の
歳入額と照らし合わせて返還金の有無について問いかけたが、当局側は、
守秘義務の一点張りで口を閉ざしたままだった。米山議員自身の肉親が
当該施設に入居ていた際の、過払い金返還も未だに履行されていないこともあって、
当局の対応に不信感を露にした。また、小生の質問と重複することから、
介護給付金不正請求に関しての答弁を割愛させて貰った。さて、
12月定例会での小生の通告内容と前置きについてご案内したい。

ー熱海市政調査会、村山憲三でございます。ただ今から
上程されました議案に対する質疑並びに一般質問を行います。
今年もあと20日間余りとなりました。今年は東日本大震災、福島原発事故という、
想定外の大災害に襲われました。それに加え、日本経済は超円高で推移し、
観光地熱海への影響は大きく、市税に直結するかつてない、
大不況に直面しているのはご案内の通りであります。他方、微かな光ではありますが、

旧ホテル100万石や旧南明ホテルの再開という朗報もございます。この再開が転機となって、
小生がこれまで唱えてきた、旧つるやホテル跡地商業施設の
有効活用論が再燃することに期待をする訳でありますが、しかし、問題は
投資環境の整備であります。熱海市は投資家に対する、優遇税制他、
新しい熱海の創造に向けた具体的なマスタープランの策定に前向きであるのか。
この一点が課題でもあります。はたして、

熱海温泉の代名詞でもある温泉と水、新鮮な空気、この自然の恵みを利活用して、
新しい熱海のビジネスチャンスを模索することができるのか。また、
定住人口の確保と若者の雇用確保の環境整備も急務であります。しかしながら、
現在の市内経済は今更言うまでもなく、ガタガタ状態で出口が見えてきません。

不況が浮き彫りにした官民給与格差。一方で大きな課題が、
高齢化の加速と雇用の喪失であります。(つづく)


About the Author



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top ↑