Today's Kenzo

Published on 10月 1st, 2011 | by ken@jyohou.com

0

熱海湯まつり、今日から2日間。(湯前神社秋季例大祭)

今夜も熱海海上花火大会が開催された。それより少し前、
知人ご夫妻のご招待を受け、高橋弘会長(万葉倶楽部)と
和食処「釜鶴」にて会食を楽しん だ。詳しい話しは後日に送って、
今日一日を振り返ってみたい。午後1時まで予定が入っていなかったし、

陽気も良くW散歩には最高の秋日和だった。熱海ゴルフ場から土沢に抜 ける途中、
閉鎖している東電の寮(東友クラブ)を左に見ながら、施設の利活用について
あれこれ思考を巡らせる。他人様の土地に対して不謹慎なのだが、福島原発事故以来、
TVのワイドショーでは、東電関連施設の売却をめぐり取りざたされ、
東友クラブについても、真っ先にリストに入っていた。つい最近のニュースでも、
売却決定が報じられ、最低入札価格が1億円からとの情報が流れていた。

東電絶頂期の建築物、時価2億円は下らないという東友クラブ。
単なる寮や保養所として残すより、新しい熱海の資産価値を高める案として、
小生が推進している、残照ハ ウスやメディカルツーリズム等の、
文化・芸術関係者専用ハウスか
外国人旅行者等が誘致出来る施設に衣替え出来ないのか。
美味しい空気を脳と身体に注入しつつ、山の手を歩きながら
事業計画に算盤を弾けるスポンサー探しを楽しんだ。
愛犬ふ〜と熱海港を約20分。山の手を約1時間10分歩き自宅に戻 る。
自宅では、散歩の途中で電話が入ったマルチタレント、
伊達直斗氏が立ち上げた、facebookグループ「ストンピング畑」を楽しんだ。

午後1時からは、湯前神社秋季例大祭宵宮祭に出席する。

そう言えば今日から10月である。大辞林で検索すれば、
10月の異名は神無月。神去り月ともいい、八百万の神が出雲大社に集まり、
他の地には不在となる月とする俗説も記載されていた。
熱海温泉の湯祭りには、来宮神社から神の使いである、
雨宮治興宮司が神事を司った。熱海といえば、湯の町。
その湯の町の守護神を奉っているのが、湯前神社。湧出する泉脈が枯渇することなく
熱海温泉の繁栄を祈願する湯祭り。午後2時からは銀座通りで
湯汲みレースや宮神輿・連合神輿御渡他の神事も齊行された。


About the Author



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top ↑