Today's Kenzo

Published on 10月 14th, 2011 | by ken@jyohou.com

0

熱海港は大型クレーン船と防波堤用ケーソン一搬送作業一色に染まる。

今朝の地元紙(熱海新聞)のトップは、熱海港に停泊中の大型クレーン船と
ケーソン移動についてだった。熱海港周辺は愛犬ふ〜との散歩の定番コース。
ここで拾った出来事はブログや、facebookを通して配信しており、
クレーン船やケーソンについての情報も流している。今朝は、七半岸壁に
地元報道陣や青木建設関係者が大勢集まり、網代宮町防波堤整備用の
大型ケーソン搬送の為の最終作業に注目していた。さて、昨晩は噂されていた、

市内の“とある”老舗ホテルの経営権が変わったというニュースが一気に広まり、
関係者の間に緊張感が走ったが、今朝になり、この先の運営方針については
未確認ではあるものの、ホテル継続との明るい話題に切り替わっていた。で、

昨日の夕方、舞子ちゃんの祖母、吉山美枝子さんが事務所を訪問した。手に、
ニュージーランド大震災での被災地の状況や世界各国から駆付けた
救援隊の活動記録が収められたグラビア写真集
「CHRISTCHURCH」Beyond the Cordon 22,2を抱えていた。丁度、

お孫さん(舞子ちゃん)の名前のタイトルでブログアップしていた途中だった。
グラビア写真集は倒壊した被災地を事細かに掬い撮っていた。特に、
日本人救援隊の活動を記録する写真も多く、感動的だったのは、
その被災地現場で犠牲者となった方々に手を合わす姿が印象的だった。

—全てはここからだったわね、ケンちゃんーと、
美枝子さんは感慨深げにページを捲り、被害状況について解説した。そうだ、
この地震の影響で家が倒壊したグラハム氏一家が、一時、
熱海に避難疎開することを前提に、舞子ちゃんの
熱海市内の小学校への転入について、小生に打診してきたのだが、
3:11、福島原発事故によって、昨日の話しにつながり、結果、
DR吉山氏との再婚話が一気に進展していったのである。

(つづく)


About the Author



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top ↑