Today's Kenzo

Published on 8月 8th, 2011 | by ken@jyohou.com

0

熱海温泉ホテル旅館恊働組合主催、夏の花火大会第4弾!

熱海夏の海上花火大会第4弾(ホテル旅館組合主催)が開催された。前回、
8月5日の花火大会は2万5千人を集客し、大盛況だった。今夜は、
パラリ程度の雨が落ちただけの絶好の花火大会となった。また、

今夜の花火大会には、広域行政協議会のメンバーである、
熱海市、湯河原町、箱根町の1市2町に、
伊東市の関係者の皆さんをゲストとしてお迎えする。で、今朝は、

ジョー山中さんと前田武彦さんの訃報を知らされた。お二人とも間接的に
熱海に縁のあった方だ。前田さんは桜町のリゾートマンションに居住し、
ジョー山中さんは伊豆山が大好きで、避暑地として利用していた。
特にジョーさんとはかつて、グローバルレインボーシップのメンバーとして、
俳優の藤岡弘さん共々エジプトやクエートなど数年間、
ボランティア活動でご一緒しており、思い出は尽きない。今夜の花火大会、
ジョーさんへの献花として、先ずは、合掌。冥福をお祈りさせて致します。さて、

鳥居誠氏(熱海リビエラ化計画立案者)がフランスに帰国した。
一週間の滞在期間のうち、熱海には一泊2日の滞在だった。この間、
フランス国立「芸術家の館」と日本映画監督協会福祉委員会有志が推進する
「熱海残照ハウス」(仮称)との提携案、そして、



モロッコ(マラケッシュ)との文化及び商業交流の具現化についての、
話を聞く事ができた。熱海リビエラ化計画実現に向けて、
フランスやイタリアの豊かなファッション性と
モロッコのエキゾチックさの2面を熱海温泉に導入して、
世界の保養地として相応しい観光地に変えたい。鳥居氏は夢の実現に向け、

帰国後、夏期休暇が終了する9月以降にモロッコ(マラケッシュ)での
熱海のプレゼンを続ける。と、情熱を込めた。ただ一つ心残りなのは、
熱海リビエラ化計画の象徴として描いていた、
旧つるやホテル商業施設跡地の利活用案が大きく交代したことだ。

熱海コースタルリゾート、リビエラ化計画に相応しい、
官民恊働による庁舎と観光商業施設。諸外国からの旅行者誘致には、
EU諸国の香りとセンスが欠かせない。それを実現させる為には、
熱海庁舎移転をキーワードだった。

庁舎建設とホテルも含んだ観光商業施設を軸に、
買収でもリースでのどちらを視野に入れても、検討に値する。と、
首長の耳に届けと努力してきた。しかし、願いも空しく、
黙視される形で庁舎分庁化建設計画は向けて走り出した。こうなれば、
ど〜することもI can notだ。ただ、
まだ夢は捨ててはいない。今年中に解決すると噂されている、
旧つるやホテル跡地の商業施設債権債務の整理。結果如何で、
新たに投資家を誘致できる可能性も残されており、
希望的観測に過ぎないのだが、一縷の望みを繋いでいる。


About the Author



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top ↑