Today's Kenzo

Published on 8月 19th, 2011 | by ken@jyohou.com

0

沖縄映画「やぎの冒険」(中村りゅうご中学生監督作品)PR番外編エッピソード(佐古隆伸氏)

天気予報は的中、午後から小雨がパラツキ夕方から荒れ模様となった。今朝は
愛犬ふ〜との散歩だけにとどめ庁舎に入る。桜井事務局長に
昨夜の故村田正幸氏訃報の知らせにお礼を述べ、葬儀の日程を確認する。午前中は
市内泉にある宿泊施設「ウエルシティ湯河原」が臨池の廃墟ビルを買収解体し、
新規温浴施設建設計画の行政上の申請手続きに関する手配や
知人の来庁等に時間を割いた。ウエルシティの新規温浴施設建設による、
熱海市へ経済波及効果は大である。固定資産税に始まり、雇用や
水道水等公営企業会計の売り上げ増が期待できる歓迎すべき事業計画である。

言うまでもないが、ここはご案内のように、
高橋弘会長(万葉倶楽部)のグループ。米岡幸雄元湯河原町長が社長を務め、
3:11以降5月の連休前までは、入り込み客の減少が懸念されたが、
6月から徐々に回復し今夏の売上高は右肩上がりの伸びを見せており、
新規温浴施設の建設計画に弾みがついているようだ。さて、

沖縄映画「やぎの冒険」(中村リュウゴ監督)をご紹介して頂いたのは、
佐古隆伸氏(高野山系喜峰院/ソップコップ社長)。佐古氏から、
Facebookを通して、沖縄シュガートレインの井手祐一社長を繋いでくれた。
井出社長からもコメントが入り、上京した際にはお会いすることになっている。
その佐古氏から先日コメントが入っているので、
石森史朗氏(脚本家)による作品の紹介をさせて頂く。

ー中村監督『やぎの冒険』興味持っていただきまして有り難うございます。
大阪高槻市の映画館オーナーと縁ありまして。
やぎの冒険の作品を年明けより繋ぎ、成就しました。
高槻市の映画館オーナーが封切りに併せ、
やぎの被り物キャラ物を中国にて製作。オーナー自ら頭にかぶって
商店街や電車、ミナミの心斎橋、道頓堀、法善寺界隈繁華街をPRして、
中村監督や制作会社の井手社長や私達数名にて、チラシ配りしました。
暑い被り物を被る神田オーナーの気持ちは、もっと熱く感じました。
また、宜しくお願い致します。佐古隆伸より




About the Author



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top ↑