Today's Kenzo

Published on 7月 16th, 2011 | by ken@jyohou.com

0

熱海「来宮神社例大祭」今日でフィナーレー

午前7時20分、愚妻と来宮神社社務所に入った。8時30分から始まる
神殿での神幸祭、御神幸行列巡行用の裃の支度がある。毎年、
時間間際に慌てて駆け込み着付け担当の方に迷惑をかけており、孫娘が
神女神楽ご奉仕に選ばれた事もあり、祖父の立場としては、
混雑する前に仕度を整え人様より早く、神事に備えるのが常識である。

雨宮治興宮司から声がかかり執務室に入る。市政と市政に関する
情報交換が主な話題となった。宮司さんには、困ったときの神頼みではないが
熱海再生への救世主出現祈念をお願いして境内に出る。境内には、
橋本一実県議や御神幸行列巡行の医療担当の、
渡辺耳鼻咽喉科院長、武田清氏(地下格闘技選手)他、
今年厄年を迎える男子が、神々を乗せた御鳳輦を担ぎ上げるため、
Uターン組も含め、熱海市内外から大勢馳せ参じていた。知った顔と






記念写真を撮り神殿(御殿)に入る。神女神楽、浦安の舞と
神事が執り行われ、御鳳輦奉仕者が担ぎ上げる御鳳輦を見送った後、
御神幸行列巡行が始まった。ジリジリと熱い日差しの中、
熱海の繁栄を祈る厳粛な厄祓の儀式の始まりだ。

神社を出発し温泉通りから咲見町を抜け熱海駅前で昼食休憩。その後、
海水浴客で賑わうサンビーチ浜降りの儀式が斎行された。この儀式、
御鳳輦に鎮座する来宮の神々を奉仕者達が担ぎ上げつつ、
浜から海中に入る神事で、古来より代々継承されている。神社のHPには、
故事に基づき、其の習わし は御神体が海から流れ着いた浜で行われ、
東海岸である御神池に一年に一度、奉仕者が
御鳳輦を奉舁(ホウエイ)しながら海中へ入る神事。と、記載されている。
その後、御神地である渚小公園にて御旅所祭りが行われた。

ここには、斎藤栄熱海市長ご夫妻が観客の一人として顔を出す。
ラフな短パン姿の気さくなご夫妻は、会場内の巡行関係者に誰彼なく
労いの声をかけ人気の高い側面を遺憾なく発揮していた。

この後の、ラストの還幸祭まで記載したかったが、なにせ、
最後まで巡行しその後、咲見町町内の山車行列にも途中まで加わり、
些かこの時間(午後10時27分)、睡魔が視界を塞いでおり、
続きは明日と云うことでPCを閉じたい。


About the Author



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top ↑