Today's Kenzo

Published on 6月 24th, 2011 | by ken@jyohou.com

0

熱海市議会6月定例会本会議3日目、村山憲三登壇

本会議3日目、トップの藤曲議員から数えて5番目、午後3時10分に登壇だ。
今日も同僚議員、特に杉山議員の通告内容や再質問、或は再々質問の主旨は明確で、
◎公共施設の行政コストに対する取り組みや
◎水道事業、下水道事業について、◎駅前広場事業や
◎マリンスパあたみの指定管理者と行政側の思惑に関して、或は、
◎教育振興基本計画に至まで、微に入り細にわたっる調査が際立っていた。
追求する視点の確かさに舌を巻きながら、ジッと聞き入り、登壇に備える。
小生の前置きに入る前に、昨晩の出来事から記述する。

昨晩、午後10時少し前、高橋会長が事務所に来た。用件は、
今月初め被災地視察にご同行した、
小林良司氏(アドネット社長)が小生にプレゼントした
iPad2のカバーをわざわざ、お届け頂いたのである。丁度、
今日の登壇日に備え、通告書に因んだ再質問を構成していた。
会長は会長にすっかり懐いている、愛鳥る〜に握手を求めたり、
頭をなでる等しながらコミュニケーションをはかりながら、
ブルネイから帰郷した
澤田綋氏(ブルネイ日本友好協会事務長)歓迎会についてや、
新製品を買う際のタイミング等、笑いの絶えない時間を過ごす。
事務所でのやり取りは、
動画を参照にして頂くとして、さっこく、
熱海市議会6月定例会での小生の質疑をご案内する。



ー村山憲三でございます。ただ今から、
今定例会における一般質問をさせて頂きます。私は、
今定例会は、東日本大震災をバネに、熱海温泉がどう、再生できるのかを問う、
重要な議会だと位置づけていたわけでございます。しかしながら、

上程された補正予算案では、計画停電や節電の影響で、弱体化する一方の
基幹産業への効果は薄く、カンフル剤どころか、
国や県の補助事業に相乗りするだけの、消極的なものであります。確かに、
財源が乏しく、難しい舵取りを強いられているとは申せ、
小手先の弥縫策を見る限り、熱海市の危機的状況が当局に伝わっているのか、
はなはだ疑問を感ずるところでございます。

お陰さまで、私も4期目の付託を受けました。今後は、
もてる人脈をフルに活用して、コストパフォーマンスの高い、
新しい熱海の創造に向けた議員生活を送りたいと考え、
子世代孫世代に継承できる、アイディアとプランを提言し、
官民恊働で具現化を計って行く所存でございます。さて、

3月十一日の巨大地震発生から今日で丁度、
3ヶ月と2週間が経過いたしました。大震災の傷跡は深く、
被災地復興への道は未だ遠く不透明であります。泉都熱海もまた、
計画停電や節電の影響による客離れ後遺症に悩まされています。
更に懸念されるのが、
南海、中南海、東海地震等の同時連動多発地震であります、
いつ起きるのか、津波はどこまでくるのか。
不安は尽きません。ただ、残酷な被災地の状況から見れば
熱海市の傷は浅く、官民の努力次第で道は開ける可能性は残されています。先ず、
被災地の現状を把握して、観光地熱海の津波対策や防災、
避難等に関するリサーチが不可欠となります。幸い、今月初め、

岩手県宮古市を始め、山田町、大槌町、釜石市、大船渡市、陸前高田市、
気仙沼市、南三陸町等々の被災地を視察させて頂きました。
想像を絶する自然の破壊力に、まちは瓦礫の山と化しており、
茫然自失、言葉を失ってしまいました。視察して得た教訓ですが、

過去の例を引き出すまでもなく、巨大地震の後、
震源地より離れた場所で必ず誘発地震が起きています。熱海市でも、
市民や観光客に対する、津波対策が喫緊の課題となるわけですが、
官民合同の避難訓練のスキームや避難場所を確保しているのか。また、その他、

どのような防災対策をもって、危機対策に備えているのか。
不安材料が多く残っているわけであります。また、
日本経済に目を向ければ、大震災を機に
絶望的な統計データーが次々と発表されています。

信頼できる経済誌をみれば、震災が直撃した
4〜6月期の大企業の景況判断指数は
リーマンショック直後以来の落ち込みだと分析しています。

更に衝撃的なのは、生活保護者受給の増加であります。

(つづく)


About the Author



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top ↑