Today's Kenzo

Published on 4月 6th, 2011 | by ken@jyohou.com

0

熱海港埋め立て地桜並木の枯れ木診断。2本は全枯損。

「武とみ」(武富秀文オーナー)のご尊父・武富秀夫氏が逝った。享年84歳。
故人は市内咲見町、つまり、小生と同じ町内にて、
ビジネスホテルタケハナを経営、長年、熱海市の基幹産業を支えてきた。また、
ご子息は同じく咲見町にて、和食処「武とみ」を経営しており、
断酒してからも、この店が好きな、山岸伸氏(写真家)や、
高須基仁氏(モッツ出版)が来熱した際にはチョクチョク、利用している。で、

通夜の焼香を終えた後は、武富ビル隣りの「のんき」(寿司)にて、
孫二人の誕生会を祝う。同じ4月生まれの姉弟と
肌の温もりを交換し合い、久しぶりに、爺〜爺、けんぞうに大変身する。

今日も午前中から庁舎に入り、控室にて市民から依頼された、
案件について、建設課や公営企業の所管職員と打ち合わせを行った。また、
選管職員から、告示後のブログやツイッター、他SNS等は、
公職選挙法違反に該当する、との、意見で一致し、来週の末あたりから、
24日の投開票が終わるまで、ブルグアップは中断することにする。さて、
昨日掲載予定だった、熱海港堤防埋め立て地桜並木の樹精回復についてだが、
長津観光施設課長にそ詳しい話しを聞いているので、ご紹介する。



ーお話を頂いて、早速、本日(4/5)、
お宮の松の樹勢回復をお願いしている
「加藤樹木医事務所」に現場調査をお願いしました。現場には、
第2浄水管理センターの整備が終了し、
周辺の埋立てが終了した当時に植栽されたと思われる
オオシマザクラが14本あり、内2本は大きく枯れ込んでいます。

加藤樹木医には、枯れがひどい2本の生存の可能性と、
残りのサクラの診断をお願いしました。

〔結果概要〕
1.枯れ込んでいる2本は、「全枯損」。
※ヒコバエが1本生きているが、これは手当てしても、無駄になると思われる。
2.残りの12本も、花が咲いている樹もあるが、一部に枯れが見られる。
※これは、塩害(H19の台風の際、大量の海水を被ったことによる)と
埋立地特有の土壌により根が疲弊し、
栄養分や水分が枝先まで十分届いていないことによると推察する。
※また、樹勢が悪い中で、これまで実施してきた枯れ枝の切断が、
枯れの範囲を拡大してきたとも思われる。
〔対策〕
・土壌の入れ替えが理想であるが、
対象樹木の重要性や経済性を考慮すると現実性がない。
・根本的には、長期間かけて樹勢を回復させるのが、迂遠のようだが、
正攻法と思われる。以上ですが、
具体的な手法と費用を提案してもらうこととしました。なお、
当該樹木の植栽されている場所は、下水道課の所管であり、
今後必要な措置の選択と予算関係については、
協議・アドバイスしていくこととしました。観光施設課 長津


About the Author



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top ↑