Today's Kenzo

Published on 3月 12th, 2011 | by ken@jyohou.com

0

熱海温泉、キャンセル続々。被災地に壊滅的打撃を与えた大地震の余波と今後の対策

東北地方太平洋沖地震から一夜明けた。荒まし傷跡を残す被災地に、
情け容赦ない余震の追い討ち。そして、原子力発電所と放射能汚染の恐怖。
刻々と流される残酷までの被災地の情報。昨晩からTV画面に釘付けとなる。昨夜は
熱海市が警戒本部会議を開催して、
熱海ホテル旅館協同組合に要請して観光客への対応を実施した。これは、
地震の影響により、熱海駅構内・電車内に足止めとなった、1200人余りの乗客の中から
希望者を、駅周辺の消防団員が引率して市内の
小・中学校の避難地へ誘導した。また、御殿場市や富士市での断水に対して
水道防災協定に基づき給水車2台を派遣している。今朝は、

愛犬ふ〜と、立ち入り禁止が取れた、熱海港芝生広場周辺を散策しながら、
海の機嫌を確かめる。海面は水位も下がっており、
落ち着きを取り戻しているかに見えたが、海釣り施設や
堤防等の釣りスポットや、テトラを製造する施設からは人っ子一人いなかった。また、
山の手にふと目をやると、スジ状の雲が東西に走っており、
不吉な地震雲(飛行機雲)かとカメラに収める。また、




高橋弘会長(万葉倶楽部)から連絡が入った。地震に関する情報交換だったが、
関東圏を始め、全国に温浴施設やホテルを展開しており、大地震が及ぼす影響は少なくない。
会長の話を総合すれば、横浜みなとみらい(万葉の湯)施設において、
調度品が倒れるなどの物損は若干あったようだが、幸いにも来遊客に対する、
人身的な事故には至らなかったと、電話越しに安堵の色を滲ませた。
4月初旬にオープン予定の、町田館への影響もなく、先ずは一安心の一報を受け取った。

熱海市も今日と明日に予定していた、津軽三味線や湯らっくすマラソン等の
イベントは全て延期となる、と、ファックスが届いた。熱海温泉の宿泊施設も同様に、
土日の予約の半数以上がキャンセルとなったようだ。どうだろう、斎藤市長、
被災者救済に何らかの受け入れ態勢を検討されては、と、
熱海温泉ならではの、名乗りを上げて頂きたいと思うのは、小生だけか。


About the Author



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top ↑