Today's Kenzo

Published on 3月 27th, 2011 | by ken@jyohou.com

0

熱海市新消防庁舎建設直しで、どうなる、分庁化建設計画!

今日の日曜日は愚妻を伴い、南熱海地区の後援会の方々へ挨拶回りをする。
今から約30年前に遡る。現在の自宅ビル(咲見町)に転居する前、
昭和47年から、11年間ほど、下多賀中野に住んでいた。古い話しである。
ここで生活したエピソードは山ほどあるが、中でも、恩人の一人
「間幹夫」氏(ニコー役員)には感謝している。理由は、

小生の自宅を引き継いでくれたからである。その譲渡代金を頭金にして、
今の咲見町に移り住めたのだから、頭が上がらない。また、斡旋して頂いた
間氏が役員を務めるニコーの、雨宮嵩彦社長には連帯保証までして頂いた。本当、
雨宮社長と間氏には愚妻共々、心より感謝している。今日は、
その間宅の駐車場をお借りして、昔住んでいた町内の挨拶回りする。



ここは住宅地として発展を遂げており、候補者に取っては
大きな票田となっており、草狩り場ともなってる。今期、
この地域を代表する2人の大物市議が相次いで逝去したことで、
現職と新人で激しいつばぜり合いを演じているが、そこは小生、昔のよしみ。である。

ず〜ず〜しく、気合いを込めて、”肩”を入れさせてもらわなければ、当選は覚束ない。
今日は10数軒挨拶出来たが、訪問先では、計画停電についての質問が多かった。

計画停電で視界を失った旅館業者や飲食店の経営悪化が、
税収にどう、ハネかえってくるのだろうか。小生が提言する解決案は一つ。
ムダな公共事業を根本から見直すことだ。このままでは、

市税を始め、入湯税、別荘等所有税の大幅減収は避けられず、
特別交付税も多くを望めない。市政運営が暗礁に乗り上げるのは目に見えている。ただ、
朗報は既報の通り、清水町駐車場(旧長崎屋跡地)への
新消防庁舎建設に赤信号が灯ったことだ。





東日本大震災によって、これまでの安全基準が根底から覆り、
想定外の災害と関連する大事故が相次いだことと、今回の地震を通して、

現庁舎の耐震構造が意外に堅牢だったことと重ね合わせ、
単独事業である、分庁化建設計画を根本から見直し、庁舎建設は凍結して、
庁舎建設総工費19億5千万円を、間接被害で動きの取れない、
市民の生活支援に転用することが、熱海を救う第一歩となるのだが。


About the Author



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top ↑