Today's Kenzo

Published on 2月 17th, 2011 | by ken@jyohou.com

0

鳥居誠氏(パリ在住)来熱3泊。熱海リビエラ計画具現化へ現地視察。

鳥居誠氏は、斎藤熱海市長への表敬訪問を終え、
3泊4日の視察から昨夜、東京に戻った。鳥居氏は現在、パリを中心に活動する
在住28年のビジネスマンである。出身は、東京都港区南麻布。
簡単な経歴をご紹介すると、下記の通り。

日大農獣医学部を中退した後、昭和47年(1974)2月渡仏し、
フランスリヨン大学外国人講座フランス語A級を終了した。その後、
日商岩井フランス支社に入社。西部デパートフランス支社へとスカウトされ、
以降、現地の映画会社”ODESSA”に入社し、8年間、
チーフプロデューサーとして活躍した。また、レストラン経営にも携わり、
熱海リビエラ化計画の発案者でもある。鳥居氏は、

2005年9月からイタリアンジェラートDELIZIEFOLLIE代理人として
ライセンス契約でDFjapan設立、その仲立ちとして
東京渋谷に第一店舗をオープンし、2008年契約解除とともに
日本帰国した。その際に、BBメディア本社にて奥様ともお会いしている。

お会いすることになったキッカケは、パリからのネットサーフィンだった。
熱海をキーワードに、タマタマ小生のブログにたどり着いたのだ。
そこから小生との交流が始まった。今から3年前の2008年だったと記憶している。

オフ会のような格好で、BBメディア本社にてお会いする。ただ、以前から、
黒ニンニクやエキスをフランスに送り、
黒ニンニク加工塩等を試作して、送って貰うなどして連携を深めていた。

熱海は温泉だけでなく、生ニンニク栽培による地産地消を念頭において、
認定農家と共に取り組んでいること等、メールで情報交換してきた。

鳥居氏が熱海改造に情熱を燃やすことになったキッカケは、小生と知り合う前、
一時帰国した際に、癒しを兼ねて2週間ほど熱海に滞在したことだった。
地形的条件があまりにも、モナコ公国に似ていただけでなく、




”熱海リビエラ化計画”に着手したもう一つの要因は、
立地、食材、気候そして、日本有数の温泉を持つ熱海が年々、
衰退していく事への悲しさを仲間たちと共有したからだと、振り返る。

(つづく)


About the Author



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top ↑