Today's Kenzo

Published on 2月 10th, 2011 | by ken@jyohou.com

0

熱海温泉のヘソ、間欠泉に勢いなし!。ただ今、充電中?

来る4月24日投開票となる統一地方選挙。熱海市議会の現職議員にとって、
その前哨戦ともなる、3月定例会は今月25日、本会議初日をむかえる。今日は、
定例会にむけた、第一回議会運営委員会が開かれた。冒頭、挨拶に立った

斉藤市長は、新年度予算は、第四次総合計画の基づいて編成した。厳しい
熱海の経済事情の中、市民のために頑張りたいーと、括弧くくりながら、協力を求めた。
提出予定案件は、当局議案、条例案、発議案を含めて37案件。
議会側から、従来3つあった常任委員会を
議員定数削減等を受け、二つにしたいとの申し出があったが、当局側は、
部課くくりの配慮、所管配分等を検討する時間が必要として、意見を聞くだけに止まった。

また、総務部長より、議会での検討する旨の答弁に対する対応内容表が配布された。
これは、本会議での議員質問に対して、”検討します”と答弁した事項について、
取りまとめ日現在の状況について書面で回答が付記された。今回は、
昨年9月議会で検討する旨の答弁に関する対応内表が配布されていので、
折りを見て、各同尞議員の質問内容と所管課の対応について報告したい。議運の後、

最大会派自民党議員団・尽誠あつみ会の控室を訪問する。ここでは、
市議会改選に関する意見交換をする。出馬表明や事務所開きの日程について、
民主党公認候補者や市長が肩入れしているであろう、
新人候補者の市民への浸透度等について話しを聞く事ができた。また、
中央紙記者が控室を訪れ、自民党(系)からの県議選出馬候補者について質問していた。

雰囲気から推測したところ、どうやら、県議選は、無投票の可能性が強く、噂通り、
橋本一実氏(現職)の不戦勝が濃厚となってきた。その橋本氏も顔を見せたのが、

湯前神社の献湯祭。昨日に続いて春期例大祭の2日目。間欠泉前には当局から、
斎藤市長を始め、当局から観光、公営企業の幹部職員や旅館ホテル関係者、
熱海芸妓衆などが集まり、祭りを盛り上げた。ただ、気づいた事だが、

熱海温泉の目玉である、間欠泉に勢いがなく、化粧蓋の劣化などが目立っており、
当局所管部課の施設に対する、関心度の無さを露呈しているようだった。早速、
文化財保護を担当する所管課に連絡し、現場にて対応策をお願いする。
ここは、熱海温泉の間欠泉である。
湯量タップリ吹き上がる勢いをもって、観光客を迎えて欲しいもの。今日も、
中国人旅行者を始め日本人観光客も献湯祭を見物しており、丁度いい機会に、
観光施設に対する今後の視点について学ばせてもらった。






About the Author



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top ↑