Today's Kenzo

Published on 1月 22nd, 2011 | by ken@jyohou.com

0

熱海・糸川さくら祭り(日本一早咲き”あたみ桜”)

今日は動画を二つアップする。有料化元年、団体客激減で悲鳴を上げる
熱海梅園周辺商店主の声と、千秋楽を待たずして優勝を決めた
横綱白鵬に因んで、大相撲初場所12日目を収録した、
人気力士高見盛の取り組みの二本である。内容は違っても、どちらも、
誘客することで経済波及効果を上げるイベントである。

熱海梅園はリニューアルしての有料化。大相撲はゴタゴタをくぐり抜けての2場所目。
正直、今のところ、どちらも、集客は芳しくない。昨日も、
梅園の現状を目の当たりにする。そう、函南への行政視察の際、
斎藤市長を始め、市議会特別委員会メンバーもマイクロバスの中から
往復、梅園観梅客の入り込み状況を掴んでおり、多分、3月定例会では、

バスツアー客が激減した理由を分析し、団体割引や駐車場料金等の検討や、
熱海梅園のグレードアップ戦略について、激論が展開されそうであり、
官民あげての知恵比べを期待で来そうである。さて、今日から、

梅まつり開催にあわせて、糸川さくら祭りが開催された。
早咲き日本一が売り物のの、糸川さくらをメインに、
観梅客の市内誘致イベントとして、今月30日まで続けられる。
一週間の開催期間中、メイン会場では
市内観光5団体主催による謝恩デーが企画されており、歌謡ショー、抽選会、
おしるこ、アジの干物プレゼント、コンサート等盛沢山用意されている。また、
周辺飲食店からの出前ができるのも売りにして、開催初日は
写真の通りの盛況で、出店した周辺商店の皆さんの笑顔が印象的だった。このまま、
終盤まで続くことを祈りつつ、西山町へと向かった。









西山町の高台に居住する、Oさん宅へ伺う。私有地に市有地から伸びた樹木が
視界を遮るなど、その処理について相談を受ける。確かに、現地確認したところ、
フェンスを越えた樹木が数本Oさんの敷地を侵食していた。以前にも、

浸食した樹木が温泉管を突き破り、水道水が温くなった経緯もあり、
週明けには所管担当課に相談することで、現場を離れた。


About the Author



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top ↑