Today's Kenzo

Published on 1月 30th, 2011 | by ken@jyohou.com

0

復活・ミニスカポリスのライブを楽しむ

上京し、自宅に戻ったのは午後10時近かった。今日は、
山岸伸氏(写真家)がプロデュースしている、
復活!ミニスカポリスのライブを開催しているパセラリゾートグランデ渋谷店と、
同じく渋谷に事務所のある、団鬼六原作「花と蛇」パート4を映画化予定の、
河原正英氏(映像プロダクション・イーライフ会長)を訪問する。

熱海との関わりについての詳細は折りをみて報告するが、今夜は時間も遅いので、
昨日の続きとなる、電解水について知り得た限りの情報を掲載する。







熱海市に強酸性・強アルカリ性電解水生成機を試して貰いたいと、
千田博敬氏(壮健株式会社社長)は、明日(月曜日)、
生成機を持って控え室を訪れる予定だが、新たな衛生管理(掃除−洗浄ー消毒)に、
電解水が注目されているようだが、果たしてどの程度のものか。一足お先に、
具体的なデーターを掲載して、その効果を検証してみる。

ーノロウイルス感染予防に関する厚労省情報ーによれば、
ノロウイルスによる感染症胃腸炎や食中毒は、一年を通して発生しているが、
特に冬期に流行しているので注意をしたい。
ノロウイルスは手指や食品等を介して、経口で感染し、
人の腸管で増殖し、嘔吐、下痢、腹痛等を起こす。
健康な方は軽症で回復するが、
特に子供やお年寄りなどでは重症化したり、
吐物を誤って気道に詰まらせ死亡する事故も、報道されている。また、
ノロウイルスについてはワクチンがないらしく、
治療は輸液などの対症療法に限られているようだ。

−患者のふん便や吐ぶつには大量のウイルスが排出されるので、
(1)食事の前やトイレの後などには、必ず手を洗う。この場合、
水道水よりも酸性電解水が効果的で手荒れせず安全。
(2)胃腸炎患者に接する方は、患者のふん便や吐ぶつを適切に処理し
感染を広げないようにする。酸性電解水による処理が効果的。
(3)下痢や嘔吐等の症状がある方は、食品を直接取り扱う作業をしないこと
ー 特に子供やお年寄りなどの抵抗力の弱い方は、
加熱が必要な食品は中心部までしっかり加熱して食べる。また、
調理器具は使用後に洗浄殺菌すること。酸性電解水(食品添加物)は、
野菜などの食材、調理器具などの洗浄殺菌に効果的である。

ー電解水による口腔内治療とケアーー
ー虫歯も歯周病も感染症だ。生まれたての赤ちゃんの口の中には
虫歯も歯周病菌も存在しない。風やアトピー性皮膚炎、
インフルエンザなど、人類は常に細菌との戦いである。
[強酸性水]
B型・C型肝炎ウイルス、どんな抗生物質でも殺すことのできないレジオネラ菌、
O-157、エイズ菌など瞬時に秒殺することが可能である。
水を分解して生成するのだが、
様々な細菌に対して優れた殺菌除菌効果を発揮する。

[弱アルカリ性水]
手洗い、厳禁する前の器具の洗浄、根幹洗浄、処置前のうがい水として利用する。
[強アルカリ性水]
血液やタンパク質の溶解作用がある。弱酸性水は殺菌・消毒に効果があり、
タンパク質が混入することで効果が落ちてしまうので、
強酸性水で殺菌する前に強アルカリ性水につけてタンパク質を除去する。


About the Author



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top ↑