Today's Kenzo

Published on 11月 25th, 2010 | by ken@jyohou.com

0

熱海市の新庁舎建設は耐震補強、分庁化。総事業費約20億円超の市単独事業

今夜は本降りの中、小生のラーメンハウス(Ya~Ya~屋)にて
市内某旅館の親睦会が開催された。この旅館は創業5年足らずの新参組だが、
一定の顧客層を掘り起こし、オープン以来右肩上がりの経営で注目されている。この
親睦会は出入り業者で構成されており、年に3~4回のペースで開かれている。ここでは、
旅館経営者を交えて、お互いが共存共栄できるための情報交換の場として
毎回活発な意見が交わされてきた。今日の出席者は、酒屋、魚屋、八百屋、肉屋、
看板屋、カラオケ屋、燃料屋、タクシー会社2社と小生併せ11名。話題は、

老舗ホテルO野屋の民再適用申請と今後の展開、また、
今後淘汰されそうな宿泊施設に関してと、この問題に関連してタクシー関係者からは、
今後増加が予想される、生活保護受給者の基準と適用後の追跡調査について、質問された。商売上、
市内を流している途中で、パチンコ依存の生活保護者も目撃しているようで、
熱海市のチェックに甘さがないか、突っ込みが入った。別のメンバーからは

O野屋が民再適用申請を受けたことから、熱海市がかかえる問題の背景について、
静岡新聞が連載している、特集記事(旅館再生ー老舗が変わるー)を読むように進められる。
親睦会解散の後、ラーメン屋にある静岡新聞を開けば、確かに、
情報社会での宿泊客が求める志向に関する分析と、ホテル・旅館の
生き残りをかけた集客戦略について、骨太な記事を掲載していた。読み終わった後、
地元紙(伊豆毎日新聞)のトップに目をやると、昨日、開かれた、斉藤市長が記者会見を開いた、
新庁舎建設に関する内容について紙面を大きく割いていた。それによると、

熱海市議会12月定例会に、庁舎移転計画策定経費として300万円計上されており、
本館・新館は鉄骨づくり3階建てを想定しており、消防署は
旧長崎屋跡地(現清水町駐車場)に移転建築されること等の計画が発表されていた。





明日午後3時からの政調会で詳しく説明を受けるはずだが、新聞から計画案を抜粋すれば、
初めに文化会館を耐震化し、その上に建つ議場を元図書館に整備して、使用は
平成24年度からとしている。そのため、観光会館の使用は今年度で中止し、24年度中には
現在の庁舎を解体するようだ。観光会館は来年3月閉鎖され、その後は
民間の空き店舗等のスペースを確保して利用者の利便性を図りたいとしている。で、

総事業費は19億5000万円だが、現庁舎駐車場解体費や役所の移転費等は含まれていない。
事業は熱海市単独事業となるため、財源は起債で賄われる。そのため、
起債は4億8600万円、補助金1300万円、一般財源から14億4000万円が拠出される。

基幹産業がバタバタ危殆に瀕していく中での、新庁舎分庁化建設計画。
市民にどの程度理解を得られるのか。今回の策定予算300万円で
庁舎建設計画賛成派議員を懐柔することができるのか、12月議会が注目される。


About the Author



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top ↑