Today's Kenzo

Published on 11月 3rd, 2010 | by ken@jyohou.com

0

熱海リビエラ化計画、続行中!

今日、11月3日(文化の日)は小生の誕生日。あっという間の64年目。ふ〜む、である。
よくぞ、大病もせずに、ここまで生かされてきたものである。何はともあれ、
ここまで支えてくれた家族を始め、恩人、スタッフ、友人・知人に対して、
ありがとうございます。と、素直に御礼申し上げたい。思えば、

人生山あり谷ありである。故事ことわざで例えるなら、
運は天にあり。禍福は糾える縄のごとし(人間塞翁が馬)。昨日は人の身、今日は我が身。
怪我の功名。好事魔多し。備えあれば憂い無し。沈む瀬あれば浮かぶ瀬あり等々、
小生感ずるに、生きること即ち、己の煩悩との戦いである。今後も、
生かされていることを大切に考えながら、健康管理を怠ることなく、
これまでの人脈や経験を生かして、
熱海再生に尽力することを念頭に、今日の朝、
愛犬ふ〜と山の手散歩をしながら、心新たに誓う。また、午前11時少し過ぎに、

平石敬三郎氏(関東警備保障社長)が事務所を訪れる。用件は、
12月1日に予定している市政報告会についてや、
来年の統一選挙戦に関する重要な確認事項に関してだった。平石氏は後援会長として、
小生に関する巷の評価を真摯に捉え、今後の対応と心構えについての設問を用意してきた。
その中身は、どれも、一般論を物差しとした、
手厳しい意見を携えての叱咤激励だった。話しの、一言一言に重みがあり、
反論したい気持ちを封じ込める説得力があり、間接的な
意思の疎通もはかりながらも、素直な気持ちでご意見を受け取らせて頂いた。

夕方には、誕生日祝いに愚息一家が自宅に訪れる。夕食を共に
家族団らんのひと時を過ごす。に、しても、孫の成長は思いのほか早い。それは、
誰も止められない老化への裏返しでもあり、
光陰矢の如し。もう二度とやって来ない今日という日を、
孫たちを抱きしめながら、家族団らんの中で過ごせたことに、心の中で手を合わせる。
今日の誕生日、身の上話の一幕で終了する予定だったが、
フランスに滞在中の



鳥居誠氏から、熱海再生に関するメールが届いているので、併せてご紹介する。したがって、
熱海・湯河原広域行政協議会視察研修についての後半は、明日以降とする。

ー大変長い間ご無沙汰しております。
七転び八起きを見る限り、相変わらず精力的に活動されていることが伺えます。
私は、よくある話ですが、日本で設立した会社、
日本でのジェラートのライセンスもなくし、今は本社のあるパリに戻ってきました。
現在、本社のイタリアレストランの建て直しと、
近い将来に輸出入の会社を開き、
フランス/イタリアとアジアの良い”もの”を扱って行こうと準備を始めています。
以前、企画を立てた
熱海のリビエラ化計画”が現在も生きているのならば、今度は
前回のラインをもう少し進めて生きたいと思います。
ヨーロッパの良さを熱海に、
日本のよさを(熱海経由)ヨーロッパに紹介していきたいと思います。又、企画には、
やはりBBメディアの内藤さんに加わってもらうつもりです。

今までの個人の夢から、今度は一歩進んで、仕事として取り組んでいくつもりです。
今後は又、メールでのやり取りになりますが、必要な時がくれば、
日本への出張も可能です。又、村山氏にも
リビエラの実情をご覧になっていただきたいと、思います。
熱海とサンレモ(イタリア)間の姉妹都市契約は現在、どうなっているのでしょうか?
継続しているのならば、それもひとつの大きな切り口になります。今後、
熱海をおしゃれでファッショナブルな町にしていきましょうー
メールをお待ちしています。よろしくお願いします。
鳥居
住所:26, rue Saint Andre des Arts 75006 Paris


About the Author



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top ↑