Today's Kenzo

Published on 11月 4th, 2010 | by ken@jyohou.com

0

会津・米沢地域観光圏整備計画。通過客数大幅増も宿泊数は減少!

今朝は、愛犬ふ〜と定番コース(山の手散歩)を終えた後、事務所にて
会津・米沢市視察研修の書類を整理する。書類の中には、
金子芳正副議長から、行きの東北新幹線で譲って頂いた週刊ポストも混じっていた。
その週刊誌を何気なくパラパラッとめくっていたら、脳学者の
茂木健一郎さんの脳のトリセツなるコラムに釘付けとなる。それは、
覚悟の生命力というタイトルだった。読んでいるうちに、
自分に重なるところが多々あり、昨日、64歳の壁を越えたばかりの、
今後の人生に勇気と指針を与えてくれる内要だった。抜粋してご紹介すると、

ある無農薬栽培を成功させた方を観察したもので、その方の笑顔は、
明るさと周囲に勇気を与え、笑い声も印象的である。その明るさが、
底知れない恐怖と絶望を経験した末であると分析し、明るさの秘密について、
それは、自分の置かれた境遇、運命から逃れずに
それを引き受ける覚悟の中にあると指摘している。また、人間の脳には、
身体や周囲の環境と密接に結びついて機能を果たしており、どんなに
自分の身体がきにくわなくても、置かれた環境を拒絶している間は
自分の能力を発揮することはできないし、自分に課せられた条件を、これ以外に
生きる道はない。潔く受け入れることで、
マイナスをプラスにかえるエネルギーを得ることができる。と、
逆境をプラスのエネルギーに変える脳のメカニズムについて書いていた。
笑顔がいかに生命力、エネルギーの源となるか、大いに参考となった。さて、

エッセイをクリップした後、庁舎に入る。議会事務局にて、
12月議会に向けた案件資料を担当職員を通じてお願いしたり、選管職員からは、
討議資料の配布に関する制約等の指導を仰いだ。

そう云えば、今日から市長を始め、
議長や観光福祉委員長等一行は姉妹都市である、中国・珠海市への
友好都市訪問の旅(3泊4日)へと飛び立ったのである。
丁度今時間(午後7時30)には、マカオ空港に到着する頃だが、特に議長は
会津・米沢市からの視察研修から一日置いての海外視察となり、
公務とはいえ、今月に入ってからの多忙なスケジュールから推測すれば、当然中国では、
各プロモーション先や人民政府との慣れない会食やカンペ〜の嵐が待ち構えており、
参加者の皆さんには体調を崩さずに、いい、土産話を持ち帰ってくることを期待したい。で、

会津・米沢地域観光圏についての現地を視察した感想だが、
上杉鷹山をテーマにしたNHK大河ドラマの舞台や白虎隊等の歴史的背景を追い風として
観光入り込み数では、放映された年では約100万人近くも増加しているものの、
宿泊数については、通過型が増えて滞在型が減っており、また、





範囲が広域に股がっている分、他市町との調整に時間がかかり、その他、
助成金に対する成果についての、国からの突き上げ等厳しいものがあり、
広域観光の難しさも浮き彫りとなった。(つづく)


About the Author



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top ↑