午後から万葉小田原本社を訪..." /> LEDの丸張株式会社に関西からも、問い合わせ続々! | 七転八起 - 村山憲三 Official Site

Today's Kenzo

Published on 9月 3rd, 2010 | by ken@jyohou.com

0

LEDの丸張株式会社に関西からも、問い合わせ続々!

午後から万葉小田原本社を訪問する。また、夕方からは、
熱海市長立候補予定者による討論会も予定されており、早めのアップをする。
山口藤子さんの咲見町昔話最終回は日曜日版に掲載し、今日は、
丸張株式会社(LED照明)に関する問い合わせ内容と、PRを少し。
・・・・
芦屋在住の学習軸経営者からメールが届いた。
LED照明と保冷庫についての見積もりに関してだった。LED照明も保冷庫も、
丸張株式会社製と、指定されていた。丸張は既報の通り、
日本に事務所を持つ中国企業である。LED照明だけでなく、

光粒子を使った保冷庫に関しても、一歩先んじた技術を持っている。
YahooChinaから、丸張株式会社を検索して頂きたいのだが、この保冷庫、
目に見えない光粒子とプラズマ、微振動を使った技術だそうで、
開発したのが、Sさんという日本の方だそうだ。これは、
3ヶ月ぐらい食材を凍らさず、冷凍だと損なわれる風味を
新鮮なまま保存するというものだ。メールには、

LEDの件つきましては、K製鋼が現在使っている電球を取り替え
電気代を軽減したいとの考えです。大型店舗に付きましても同様の考えだと思います。
先方はやはり会議にかけ、見積もりも出しためある程度の資料を求めています。
LED照明に関しては、YahooChinaから拝見しまして、
ws-st10-120 wz-bl-001~009 wz-rl-01~08 wz-pl-001~007の
消費電力・価格等資料があれば助かります。
先生のビルでの導入例も含めご指導頂ければ幸いです。また、

保冷庫につきましては
縦型、横型があると思いますが、容量が
100Lから1200L程度までおおむねのサイズ・値段、
倉庫型で100坪・500坪程度の保冷庫に関してもお願い致します。と、記されていた。

早速、張駿社長に報告する。先日も、自宅ビルで取り付けた
LED蛍光灯に不具合があり無償で交換して貰ったのだが、
丸張の売りは何と云っても、
自社製品に不具合が出来たら無償で即交換と品数の豊富さにある。



張駿社長は、中国に戻る6日までに見積もりを出すと快諾する。張社長は、
中国国内に生産工場を持ちLED照明の他に
マイナスイオン照明も市場に送り込んでいる。(上記参照)

張駿社長の人となりを改めてご紹介すると、

張氏は1957年生まれで中国華東師範大学 を卒業して、94年に
東京大学農学部に留学、農業経済学博士として日本で起業し、
日中両国でビジネス展開している。
・・・・
人のやらないことをやってきたことで、起業を成功させたー
人脈は金脈。これがないと仕事はできませんーといい、東大 在学中に、
株式投資で成功したが、その頃中国は天安門事件で香港では
不動産が大暴落したことで、そのオプション取引も手がけたが、
株や不動産は虚業だと言われたことをきっかけとして、
鹿児島で合弁のスプリング工場を始めた。中国では前記の
華東師範大学で日本語学を勉強し、卒業後、
役人になったが2年ちょっとで退職する。

自分が課長になった姿を想像したら、
何十年も頑張ってやってはいられない。と、決心して、
上海で日本企業の通訳や日本語の先生等を経験し、伊藤忠や三井物産、
クボタや全農などの人たちとの出会いがあり、そこで、
佐賀の農業試験場長をしていた、全農のある博士から日本留学を進められ、
86年4月に東大農業経済修士課程に入学することができた。勿論、
前記企業から採用案内が何度もあったが、役人を蹴ったのに、
サラリーマン生活に満足できるわけもなく、起業を決断したと、
2008年4月号の財界に掲載されている。参考までに。

Tags: , ,


About the Author



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top ↑