百楽」(月刊/..." /> 雑誌「百楽」来春1月号で熱海温泉をカラー10ページの大特集! | 七転八起 - 村山憲三 Official Site

Today's Kenzo

Published on 9月 23rd, 2010 | by ken@jyohou.com

0

雑誌「百楽」来春1月号で熱海温泉をカラー10ページの大特集!

ファンケル化粧品系列の雑誌「百楽」(月刊/重松典宏発行人)は、
”百歳人生の時代を楽しく生きる”をテーマに、人気の高い月刊誌である。その百楽が、
来春1月新年号で10ページを割いて、熱海を特集する。そして今日午後2時、

その百楽の編集者3人を熱海駅にてお迎えする。
米田正基 池上隆造、秋田倫子のお三方である。
お三方とは今日が初対面だった。小生を繋いだのは旧知の
日本ジャーナール出版(週刊実話他)の高山社長である。取材内容を、
下記にズラズラズラと並べてご紹介すると、

熱海アゲイン(仮称)と題する特集で、

1、あの日、あの時、あの場所は現在(いま)
・70~80年代頃の町並みや観光スポット等と現在を比較
(当時の温泉風景などの写真)
・今も昔も変わらぬ味など
・熱海の生き字引またはベテラン芸者が、語る「今と昔」
2、現在に続く伝統文化
・熱海をどり
・見番=芸者さんの稽古場風景
・祭り、イベントなど
・知られざる地場産業、工芸品など
3、最新熱海情報
・熱海が元気な要因(まち興しスタッフ等にも聞く)
・お勧めパワースポット、新名所など
4、食す
・相模湾の旬を食す(和)
・熱海で仏・伊料理(最新グルメ)ー各地からも訪れる人気店
・地元の人が通う隠れ名店
・熱海で欠かせぬ味
5、体験&遊び
・自分で作る土産品、工芸品、グッズなど
・干物作り
・昔懐かしい遊技場など
・最新遊びガイド
6、泊まる
・一度は行って泊まってみたい名門(老舗)旅館
・初日の出にお勧めの旅館
・文豪が愛した宿(連載用)
7、出会い人
・町の達人(熱海の過ごし方、楽しみ方などアドバイス)
・温泉管理人、土産物屋の名物店員など
・名人(老舗の和菓子、工芸職人など)を大々的に取材する予定で、

斎藤市長2期目の観光振興策にもそった内容となっており、
本格的な取材は、熱海市議会本会議3日目が閉会した、
10月15日以降にお願いしている。この間、観光課とも協議をして、
上記テーマにそったお膳立てをする予定である。この雑誌、
全国に5万部発行されており、
ファンケル化粧品を取り扱う代理店には配布されているという。

事務所で打ち合わせた後は、即、起雲閣に案内する。
ここを基点にして、取材内容を固めて頂いた方が、イメージが膨らむ筈で、
昨日の、山岸伸氏の写真撮影に続いて連日の起雲閣入りとなった。









池上氏は元週刊実話に所属しており、山岸氏とは間接的に縁がある。
山岸氏は専属キャメラマンとして、
週刊実話の表紙撮影を8年間継続している、と、白い歯を見せた。
野口館長と小川職員に池上氏等をバトンタッチして事務所に戻る。

昨夜は、起雲閣の撮影を終えたスタッフ一同を、ラーメンハウスにて
高橋弘会長にも参加して頂いて、山岸氏を引き合わせるが、
その”縁糸”づくりの経過については、明日以降で掲載したい。


About the Author



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top ↑