Today's Kenzo

Published on 9月 18th, 2010 | by ken@jyohou.com

0

岸和田だんじり祭り、格式と勇美、伝統と文化で世界の祭りに

今朝の起床は5時。宿泊したのはの岸和田リパティのカプセルベッド。
カプセルは2段式になっており、一つ隣に
高橋弘会長(万葉倶楽部)が入る。パプセルは何れも下段で出入りが楽だった。
昨夜の就寝は午前1時。昨夜遅く、芦屋から、だんじり見物を兼ね、
馬場雅大氏(アーガス芦屋塾長)ご家族がリパティ入りし、情報交換する。

高橋会長と大浴場で朝風呂を頂戴したあと、リパティのスタッフに案内され、
だんじり祭りのメイン会場等を案内してもらったのだが、朝6時前には
各町内事に自慢の豪華賢覧な地車と曳航する引き手、
その勇壮な姿を見ようと集まる大勢の観衆で埋まり始めていた。

観衆の一人として、祭りに関する薀蓄は省いて、昨夜、ご紹介いただいた、
野口聖岸和田市長の今年への挨拶文を、
2010岸和田地車祭ガイドブックにから抜粋し、後は、写真と動画から、
そのスケールと迫力を雰囲気だけでもお届けしたい。

・・・・・岸和田市長 野口聖










ー夕暮れ時、待ちに淡い提灯の灯が燈り、太鼓や笛、鉦の音が響きはじめると
岸和田の街はだんじり祭りムードの高まりとともに、人々の心が躍り
血が騒いでまいります。300有余年もの長い歴史と伝統を持つ
岸和田のだんじり祭りは、地域と祭関係団体との絆で連綿と受け継がれ、今や
日本を代表する祭りの一つとなっています。

勇壮、豪快、華麗が自慢の岸和田だんじり祭りは、
人々の情熱や地域を結びつける精神は変わることなく、民衆の
祭りとして発展してきました。さまさに住民総出で支え、
繁げてきた300有余年といえます。今日では
テレビや新聞などを通じて広く全国に報道され、また、インターネットを通じて
世界に紹介されており、毎年役60万人の観客で賑わいを見せております、
近年は、関西国際空港の開港を機に全国各地のみならず
海外からも観光客が訪れ、世界にも知られる祭りとなっています。
観光客の皆さんには、間近に見て頂いて心と肌で触れ、岸和田のだんじり祭りの
魅力を満喫して頂けるものと確信しておりますー

帰宅時間が遅くなったので、帰路の道中記等は明日掲載させて頂き、
写真と動画で、岸和田だんじり祭りの一片をご案内させて頂きます。

Tags: ,


About the Author



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top ↑