Today's Kenzo

Published on 8月 25th, 2010 | by ken@jyohou.com

0

具志堅用高氏を囲む異業種交流会

具志堅用高氏といえば、元ジュニアフライ級世界チャンピオン(WBA)。
王座を13度防衛した記録は、現在も
日本人世界王者の最多記録として破られていない。経歴を検索すると、
引退後は解説者として、また、日本人初の世界チャンピオン
故白井義男氏と共同で、白井・具志堅スポーツジムを開設し
後進の育成に力を注ぐ一方、
太田プロダクションのタレントとしても活躍している。
・・
具志堅氏とお会いしたのは昨日で2度目。一度目は、
高橋弘会長のジャンボ−ゴルフコンペ。場所は韮山カントリー。
繋がりを聞いたところ、高橋会長が、
・・・
白井・具志堅スポーツジム後援会(SGS)の副会長を務めながら、
140人の会員の異業種交流会で人脈を広げていた。そんな経緯があり、
昨日は、SGSの総会兼懇親会が開催されたことで、
高橋会長からお誘いを受けたのである。場所は、
銀座7丁目ライオン銀座6階クラシックホール。このパーティでは、
出席した多くの方々と名刺交換することができた。
このでも注目を浴びていたのが、高橋弘会長だった。ここでも、
・・・
docomoの携帯をかざして式次第を動画撮影、それを、
iPone4にアップされたものを、同席メンバーに見せ、驚かせていた。また、
ビックリしたのが、会長と同じ名前。高橋弘。この名前と
全く同姓同名の方が進行役を務めていたことだ。この方は、
弘法大師空海と無縁だったが、元、警視庁万世橋警察署長。現在は、
チャンピオン会の後援会長、鈴木孝夫氏が経営する、
SECエレベーターの役員で懇親会の事務局を担当していた。



・・・・
・・昨日はこの他、DR水素水でお馴染みの
株式会社FDR・フレンディア(大丸智里社長)を訪問する。
ここでの話しは、後日ジックリご紹介するとして、
具志堅氏の懇親会に出席する前には、
大川啓一氏(東京ジャーナリストクラブ)と、
有楽町の喫茶店にて打ち合わせする。大川氏は現在、
週刊誌等の紙メディア以外に日テレ報道番組の一端を担っており、自ら
小型ビデオカメラを携行して取材活動を続けている。この大川氏の
取材活動やスクープをいち早く動画と静止画、
記事を網羅した新しい動画ネット立ち上げの方向で調整している。さて、

・・・
・・・・
話しは、かつての熱海市長で、
昭和21年、時の政府に観光政策と経済政策の一本化を献策した、
故岸衛氏に戻そう。昨日は書けずじまいだったが、
・・・昭和23年当時、岸氏が理事でもあった、
内閣観光事業審議会(石坂泰三会長)に提出したのが。

観光庁の設置
国際観光の振興
外資の導入のほか、富士五湖・猪之頭より山麓を巡り、
伊豆半島を一周し、箱根を入れた広域を一地区として、
フジヤマ県として行政区域を整理するという案だった。この
・・・
フジヤマ県は山梨、静岡、神奈川県の三県によって構成され、
霊峰富士山を中心とした周辺全域を一つの観光地域として
統一、開発するというスケールの大きな構想だった。現在の、
観光圏設立をみるまでもなく、岸衛氏の予言の正しさは証明されている。
・・・その岸衛氏の親族から、小生のブログに、
・・・・下記のようなコメントが届き、驚かせた。
・・・
ー私は岸衛の曾孫にあたる、◎岩◇樹と申します。
偶然にも、岸衛で検索したところ村山氏のホームページを観覧致しました。
熱海の古い資料や岸衛が残した資料が我が家には残されています。
岸衛が残した「観光立国」が
現代にも読み継がれていることにただただ驚きを感じています。
「観光立国」日本、熱海の発展を心より願っておりますー
・・・
・・・
早速、このコメントを寄せられた親族の方に連絡を入れる。
是非、近いうちにお会いできることに感謝を申し上げたが、この方は、
熱海市とそう離れていない地域に居住しており、今後、
ブログが結んだ”縁”を、熱海市再生へのヒントとして、
どのような人脈の広がりをみせていくのか、夢は尽きない。

Tags: , , ,


About the Author



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top ↑