Today's Kenzo

Published on 8月 26th, 2010 | by ken@jyohou.com

0

ドクター水素水で体内有害物質、活性酸素排泄促進!

連日の猛暑である。熱中症予防には水分補給が欠かせない。小生、
毎日2ℓから多い時で3ℓほどの水素水で水分を補っている。水素水は、

株式会社FDR・フレンディア(大丸智里社長)が製造販売の、
ドクター水素水を、ここ7年間ほど愛飲しているが、
有害物質の分解や排泄に、水素水が静かなブームとなっている。
・・・つい最近も、
毎日新聞(4月9日全国・夕刊版)紙上にて、
鈴鹿医療科学大などで、水素水を使って
マウス実験したニュースが掲載されていた。そこには、
・・・
ー豊富な水素含む水ー認知症に効果ーとの見出しで、
「水素を豊富に含んだ水を飲むことで、認知症の予防や
治療に効果のあることを、鈴鹿医療科学大学と
米ピッツバーグ大の共同研究グループが確かめた。」ことが、
日本酸化ストレス学会(事務局・京都)の学会誌に発表される。とあり、
・・・同研究グループの
中尾篤典ビッツバーグ大学准教授は、
ー水素水を飲ませたマウスでは、記憶障害や認知障害を引き起こす
脳内の酸化ストレス指標が低下した。水素水の効果を
科学的に実証し、正しい理解と普及に繋げたいーと、抱負を述べている。
・・・その他、読売新聞や福島日報なども、
日本歯科大学教授等が、病気や老化を引き起こすとされている
酸化を招きやすい活性酸素を水素水で撃退した。と記載している。

・・・・新聞では、活性酸素について、
細菌など外的を退治するのには有効だが、一方では、
身体のサビと言われ、老化の黒幕と考えらている。特に脳梗塞では、
一度詰まった血流が再開する時に大量の活性酸素が発生し、脳を傷めるーと、
水素水の効果についての実験データーを載せている。さて、





・・・その水素水だが、各大学や研究所での実験が進むにつれ、

水素水開発販売メーカーが続々誕生しているが、今日は、先日訪問した
・・・・QVCを始めとするテレビの通販チャンネルを通じて、
ドクター・水素水のネーミングで全国区となり、
販売本数約350万本を記録した、株式会社FDR・フレンディアの
大丸智里社長に、その効果について聞いているのでご紹介する。その前に、

大丸氏と小生との繋がりについては、これまでも折にふれ載せてきたが、
今後、視点を変えて”人との縁”という部分で、
大丸氏の足跡とともにご案内したい。このドクター水素水だが、

人気写真家、山岸伸氏にもご愛用頂いている。山岸氏は
難病(白血病)を抱えており、医師の許可なく
健康食品の類いを口にするのは御法度なのだが、このドクター水素水と
黒ニンニクはご禁制品ではないと、お墨付きを得ているようだ。小生、

黒ニンニクとともに、6年以上も愛飲しており、前記記事にあるように、
脳障害と老化の進行予防に役立っているのでは、と、認めている一人でもある。
(つづく)


About the Author



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top ↑