Today's Kenzo

Published on 6月 12th, 2010 | by ken@jyohou.com

0

熱海の未来について、斎藤市長の「市政報告会」来週観光会館にて開催

今朝新聞折り込みチラシの中に、「熱海市の市政報告」なるB4版のチラシが、
斎藤栄が描く熱海市の近未来ビジョンと副題が付けられ
熱海市内に全戸配布された。来週の日曜日午後2時から
観光会館で開かれるこの市政報告会の内容だが、


・・・・・
第一部から第三部までプログラムが組まれている。
第一部は第2の夕張とならないために行ってきたこと。
第二部に、斎藤栄が描く近未来ビジョン「集客100万人増&定住人口1万人増構想」、
第三部が小田原、御殿場、伊豆の各市長と湯河原町長を招いて、
海外、国内に向けた観光圏ビジョンについての
パネルディスカッションプログラムされている。主催が熱海塾、後援熱海市民の会で、
・・・・・・・・・・・・・・
斎藤市長続投に相呼応する市民団体が仕切っているようで、
支援する政党等の文字は一切見えてこない。小生も参加する予定だが、
特に注目したいのは第二部の新政策展望である。これは
市長選候補者選定への重要な焦点となるテーマでもある、斎藤市長はこれまで、
歩いて楽しい観光地作り、住みたくなるまちづくり等、
・・・・・・・・
抽象的な美辞麗句を並べながら夢ビジョンをうたってきたが、
今年に入ってから加速している、基幹産業の崩壊、宿泊施設の休廃業と税収不足、
それに伴う官民の給与格差、振興公社等の公務員既得権益、
中国人旅行者のビザ緩和に伴う観光客受け入れ体制への政策等に
グッと踏み込んだ具体的政策が打ち出せるか、
・・・・ 小生はこの一点に注視して参加する予定である。また、
この市政報告会に前後して、6月定例会への通告書締め切りは、16日午後5時までで、
20日の市政報告会を前に質疑案件をまとめなければならないが、今回は
過去4年間の市政運営を振り返り、続投への関門となる設問を用意する予定である。また、
・・・・・・・・・・午後からは
過日中国山東省ウイハン市へ同行した
原宜嵩氏が中央町の事務所を訪れた。石森史郎氏(脚本家)原作の中日合作アニメ

「歌う野菜天国」—SHOCAIGU—の日本語訳脚本を持参して頂いたのだが、詳細は明日。
・・・・・ 今夜は月一親睦会「元気会」メンバー、
高橋清美氏のご母堂(95歳)の通夜に参列する予定である。


About the Author



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top ↑