Today's Kenzo

Published on 1月 19th, 2010 | by ken@jyohou.com

0

野村克也名誉監督発起人代表、中曽根康弘氏の案内状を披露する

ここ2〜3日、小林繁さん、桑田真澄さんのご尊父と、
プロ野球界関係者の訃報が続いている。そうした最中、
創立間もない弱小球団(東北楽天ゴールデンイーグルス)を
クライマックスシリーズ(CS)に導き、人と組織運営には如何に優れた
リーダーが不可欠であるかを日本中に認識させたのが、
野村克也前楽天監督である。野村氏は現在、
各地からの次々と舞い込む講演依頼に汗を流しており、その他、
大相撲のゲスト解説者やTVのバラエティ番組に出ずっぱりの、
今を旬とする著名人として、全国の茶の間に元気オーラーを提供している。
人づくり、リーダーの管理術はスポーツの世界のみならず、政官業、
どの世界をとっても必要不可欠なもので、特に、野球を始めスポーツの世界では、
結果が全てであり、結果を出す事によってリーダーとしての評価が浮き彫りとなる。
・・・・・・・・・・・・
観光を基幹産業とする熱海市にあっても、9月の市長選を視野に、
俄に騒がしくなってきたのが、誰に再生を託すのかのリーダ待望論だ。
斉藤VS田島、二者選択するのか。或は第3、第4の候補者が
名乗りを上げるのを期待して待つのか。何れにしても市民を始め業界を
ぐいぐい引っ張っていく、リーダー待望論が
あちらこちらで取りざたされている。このタイミングで、
来る3月14日(日)に観光会館で開催予定なのが、
野村再生工場(チャリティートークショー)in熱海では、野村氏の
50年にわたる球界生活で得た知将のリーダー管理術について聞けるのであれば、
熱海首長選への比較選択視として大いに参考としたいものである。

さて、その野村氏だが、来る1月28日帝国ホテルにて、
祝1500勝達成・名誉監督就任記念パーティーが開催される。その案内状に、
発起人代表として中曽根康弘元内閣総理大臣が貴重な
人脈随縁説を散りばめており、ここにご紹介させて頂くことで、
人生訓の一つとして参考にして頂ければ幸いである。
・・・・・・・・・・・・・・・・・
ー野村克也君が監督として1500勝という大記録を達成しました。さらに、
東北楽天ゴールデンイーグルスの名誉監督に就任することになりました。
この1500勝は、野村君の汗と努力と知恵が造り上げた正に
金字塔だと思います。私の座右の銘(結縁・尊縁・随縁
縁を大切にし(尊縁)、逆らうことなく、自然に従って(随縁)いけば、
自ずから結ばれて行く(結縁)と。人生とは、
人と人との縁の連続であり、だからこそ
人との出会いを大切にと言う意味です。野村君を結び目に
皆さんと繋がることができたのも何かの縁、
ご一緒にこのすばらしい功績を祝して杯を上げましょう。
ぜひご出席くださいます様、お願い申し上げますー
ー発起人代表 中曽根康弘


今晩はこれから、月一親睦会の一つ「元気会」(太田信雄会長)が、
浜町の和食どころ「花かがり」にて開催されるため、これから出席して、年始挨拶と併せ、
野村再生工場in熱海 についてのPRをさせて頂く予定である。


About the Author



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top ↑