野村克也氏が来る..." /> 熱海市ごみ減量化推進へ、農家による生ゴミリサイクルに期待する | 七転八起 - 村山憲三 Official Site

Today's Kenzo

Published on 1月 12th, 2010 | by ken@jyohou.com

0

熱海市ごみ減量化推進へ、農家による生ゴミリサイクルに期待する

智将・野村克也氏が来る3月14日(日)に、熱海観光会館において、
チャリティートークショーを開催する。その日に向けて、関係者による、
ポスターやチラシ、チケット等のデザインやコピー制作等の作業が
急ピッチで進行しており、市内の一部関係者との打ち合わせが、つい、
先ほどまで続いていた。詳細は明日以降にでも報告するとして、今日も、
おかげ様で充実した一日を過ごすことができた。今日は一日雨が降り続き、
////////////////
愛犬ふ~との散歩は傘を差しながらも、熱海観光港を一周する。午前10時には、
小生の事務所に、建設部長とまちづくり課長が足を運び、懸案だった、
熱海梅園開園シーズンでの周辺看板掲示に関する打ち合わせと、入れ替わりに入ってきた
佐口静男氏(サグチ農園)を、庁舎5階にある議員控え室にて、
村田市民課長の指導の下、生ゴミの有機肥料化を容易にした、
ソーラー循環発酵システム導入に関する補助事業申請書類の最終チェックを
午後2時近くまでかかって仕上げ作業に立会う。その時間に前後して、
////////////////
先日、群馬県高崎市に同行して、小林氏は、
ソーラー循環発酵システムを視察しており、当局に提出した書類に目を通し、
生ゴミを農家が収集して、有機肥料化し地産地消の有機野菜ブランド化を促進することで、
エコプラント姫の沢にある炉の劣化を遅らせ、市民負担の軽減を可能にし、
生産された有機野菜はホテル・旅館で活用するだけでなく、売店や日曜市での
熱海産有機野菜として販売するという事業計画に、農業振興だけでなく、
まちおこしに繫がりると、佐口氏にパートナーとしても協力して行きたいと、
懐の深いところを見せ、佐口氏を喜ばせている。控え室には、このほか、今年に入り、

年始回りの過程において、市民の一人から納税に関する質問を預かり、
長津財政係長に判断を仰いでいた案件の答えを頂くなど、
あれだ、これだと、庁舎5階控え室に長居はしたが、全て前向きなお答えを頂戴する。


さて、小林氏といえば昨晩も行動を供にしており、小生のラーメンハウスでは、
昨年大晦日に、川岸強投手との親睦ゴルフで同じ組で回った、
高橋三郎氏(離れの・・・・宿 ほのか)とバッタリ会い、記念写真を撮った。

パブスナックスーパーマンに立ち寄るが、
貸切とかで満席状態で、携帯動画でカラオケ姿を撮れず、ドアの前で記念撮影をする。

また、昨日は先日プレイしたゴルフ場風呂場に忘れてきたゴルフシューズが届いた。
届いたといっても、高橋弘会長の自宅にであり、忘れたことを冷やかしながら届けてくれた。

午後3時過ぎには、再び愛犬ふ~と観光港を軸に散歩を済ませ、
頂いた北海道のお土産を頂戴して、寒かったせいもあり、KKRホテルにて
今年2度目となる温浴で小一時間ほど癒し体調を整えた。


About the Author



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top ↑